逢坂誠二 衆議院議員
48期国会発言一覧

逢坂誠二[衆]在籍期 : 44期-45期-47期-|48期| 今期は集計中です。
逢坂誠二[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは逢坂誠二衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

逢坂誠二[衆]本会議発言(全期間)
44期-45期-47期-|48期|
第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 衆議院本会議 第7号(2018/11/20、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂誠二君 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  私は、立憲民主党・市民クラブを代表し、法務委員長葉梨康弘君解任決議案の趣旨の提案をさせていただきます。(拍手)  まず冒頭に、実は、本日のこの趣旨弁明でありますけれども、ペーパーレスあるいは利便性の観点から、私は、日ごろからタブレットを利用しておりますけれども、そのタブレットを利用して説明をしたいということで、議会運営委員会に議運筆頭を通して提案をさせていただきました。ところが、今回は、タブレットの利用については議運の了解を得ることができませんでした。  みずから実現可能な国会改革の小さな一歩かもしれませんけれども、そうした思いからの提案でし……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 衆議院本会議 第14号(2020/04/02、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○逢坂誠二君 私は、立憲民主党の逢坂誠二です。立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムを代表して質問を行います。(拍手)  新型コロナウイルス感染の拡大に伴って、国民生活や社会のさまざまな分野への影響が深刻なものとなっています。オイルショック、バブルの崩壊、リーマン・ショック、東日本大震災など、私のこれまでの人生の中でも、さまざまな危機がありましたが、今回のコロナショックは以前のものとは全く異質のものです。  私の地元のホテルでは、九割以上の予約が一気にキャンセルになった、その上、今後の予約が全く入らない、海産物を扱う商店では突然客が来なくなったなど、現場の収入が急激に途絶え、そのことによって国……

逢坂誠二[衆]本会議発言(全期間)
44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

逢坂誠二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-45期-47期-|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 文部科学委員会 第1号(2017/11/15、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。それでは、きょうはよろしくお願いいたします。  早速質問に入りたいと思います。大臣、よろしくお願いします。  まず、大臣、前提条件を確認させていただきたいんですが、今回の加計学園の大学の設置申請ですけれども、これは、特区の認定がなければ設置申請はなかったもの、特区の認定が前提になっていて設置申請が行われた、そういう理解でよろしいでしょうか。
【次の発言】 それから、もう一点、大臣に前提を確認したいんですけれども、今回の加計学園の問題に対して総理や官邸が何らかの肩入れをしたのではないかとか関与をしたのではないかというふうに言われているわけですが、総理……

第195回国会 予算委員会 第3号(2017/11/28、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  川内議員の質問を引き継いで、総理に改めて確認をさせていただきます。  総理は、今回の森友学園との土地の取引について、適正だと総理御自身の口でこれまで言ったことはないということでよろしいでしょうか。
【次の発言】 私は会計検査院の報告後の話を聞いているのではなくて、これまでの答弁の中で、総理自身がこの森友学園との土地の取引について、御自身の考えとして適正だと言ったことはないということでよいかということを確認しているんです。
【次の発言】 すなわち、各省から報告があった、各省からは適切に対応しているんだという報告があ……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 原子力問題調査特別委員会 第2号(2018/05/17、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  きょうは、質問の機会をいただきました。委員長を始め、与野党の理事の皆さんに心からお礼申し上げます。  ただ、原子力特別委員会の開催回数が余りにも少な過ぎる。今国会、これは初めてですかね。今国会初めて。  この原子力特別委員会は、東日本大震災のあの事故を踏まえて、原子力の問題を専門的に話し合おうじゃないか、そういう話でこれは設置されたものであります。もっともっと頻繁に開いて、この問題を深めるべきだ。アドバイザリー・ボードももっと多用すべきだし、さらに、この特別委員会、当初の決めは私は必ずしもよかったとは思っていないんですが、規制側の更田委員長は出てこられるけ……

第196回国会 法務委員会 第21号(2018/06/15、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。大臣、よろしくお願いします。  この一年余り、あるいはもっと前から、公文書の改ざん、あるいは隠蔽、廃棄、あるいは土地売却データの捏造まがいのこと、あるいは国会での虚偽答弁、こういうことがあからさまに行われていたということが今判明しております。私、民主主義を考える上で、これはもう本当にとんでもないことだというふうに思います。  振り返ってみると、一九七〇年代の初め、アメリカでウォーターゲート事件というのがありました。あのとき、ニクソン大統領が自分の持っている公文書を廃棄しようとした、あるいはさまざまな記録、音声データも含めて廃棄しようとした。最終的には、あれは三……

第196回国会 予算委員会 第2号(2018/01/29、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。よろしくお願いいたします。  今回の国会もまた冒頭で、与野党の質疑時間、長いとか短いとか、野党の時間をどんどん減らすんだといったような話があるわけですが、きょう与党の皆さんの質問を聞いている私の印象でありますけれども、若干台本読みのような、印象ですよ印象、そうだとは言いませんが、台本読み的な印象を受けたなという感じがします。  といいますのは、あらかじめ、何というか、どういう答えが返ってくるか、どういう質問をするか、そういうのをキャッチボールしながらやっているというか、果たしてこれで国民の皆さんは、この中継を見ていて、ああ、なるほど、与党といえども政府のチェッ……

第196回国会 予算委員会 第5号(2018/02/05、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 おはようございます。逢坂誠二でございます。  まず最初に、きょうは河野大臣にお伺いしたいんですが、週末のことだったので残念ながら通告ができていないんですが、週末の河野大臣の発言を聞いて、私、ちょっと耳を疑いました。それは、アメリカの核戦略の見直しに関する、それに対する発言であります。  私は、今回のアメリカの核戦略の見直しというのは、核兵器の使用のハードルを下げていく、あるいは逆に、核の先制使用、これもやる可能性があるといったようなことが含まれている、そういう意味では、非常に危険な内容ではないかというふうに思うんですね。  それに対して、河野大臣は何と言っているか。高く評価すると言……

第196回国会 予算委員会 第12号(2018/02/15、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 委員長、まだ大臣が来ていないようなので、ちょっと時計を。
【次の発言】 逢坂誠二でございます。  それでは、質問させていただきます。  昨日、総理が答弁を撤回しておわびをしたわけでありますけれども、その答弁撤回、おわびに係るその元データになった調査というのは平成二十五年度労働時間等総合実態調査、これでよろしいでしょうか。厚生労働省事務方、お願いします。
【次の発言】 それで、この調査結果に基づいて総理は答弁をしたわけでありますけれども、裁量労働制で働く人の労働時間について、「平均的な方で比べれば一般労働者よりも短いというデータもある」という答弁をしているわけですが、厚生労働省にお伺……

第196回国会 予算委員会 第13号(2018/02/19、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 委員長、発言させていただきます。委員長のお許しをいただいて発言をさせていただきます。  先日の総理の答弁の撤回、おわび、それに関連するけさの理事会において、厚生労働省から資料を提出していただくということになっております。現在、その資料についてまだ協議が調っておりません。  したがいまして、委員長にお願いを申し上げたいんですが、これから野党理事間で厚生労働省と協議をしたいと思いますので、しばしの時間、委員会の休憩をお願いいたします。
【次の発言】 逢坂誠二でございます。  それでは、早速、引き続きやらせていただきますが、まず、厚生労働省にお伺いしますけれども、今回、総理はこの裁量労働……

第196回国会 予算委員会 第14号(2018/02/20、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  総理、実はちょっと通告はしていないんですけれども、ことしの豪雪ですけれども、これはやはり異常な状況だと思います。いろいろな委員の方が質問されておられますけれども。  私は、雪国生まれ、雪国育ちであります。私の地元の北海道、もともとの生まれ故郷のニセコも大変な状況ですし、今住んでいる函館も本当にひどい状況になっています。それから、先日、新潟へ行ってまいりました。本州の日本海側も大変な状況になっておりますので、この豪雪、大雪の対策、これは本当に喫緊の課題だと思います。  そこで、まず一つ。地方自治体の財源を確保するという意味で、……

第196回国会 予算委員会 第16号(2018/02/22、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  きょうも、働き方改革、とりわけてもなお裁量労働制の部分について質問をしたいと思います。  この裁量労働制の件についてはこの間もいろいろ議論をしてきましたが、特に問題になっているのは、平成二十五年の労働時間等総合調査ですか、このデータについていろいろと問題になっている。ただ、働き方改革については、労政審で議論をしてきた、そしておおむね妥当とのいわゆる報告、答申が出たんだ、だから、データ、いろいろ不備な点もあるけれども、法案の提出は、その方針は変えるつもりはないということだと理解をしておりますけれども、それでよろしいですね。うなずいておられますので、よろしいで……

第196回国会 予算委員会 第18号(2018/02/28、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。よろしくお願いいたします。  きょうの予算委員会ですけれども、この予算委員会は、与野党の合意なしに、委員長の職権でこれは立てられました。これに強く抗議をしたいと思います。  しかしながら、我々は、今回の予算委員会全体を通して見て、質疑時間がまだまだ不十分である、精いっぱい質疑をしたい、そういう思いで、この質疑にはがっちりと臨ませていただきたいと思います。  だがしかし、よもや、間違っても、採決を強行する、委員長の判断で強行することのないように強く要請申し上げます。委員長、いかがですか。
【次の発言】 強く抗議をさせていただきます。  それでは、質問に入ります。……

第196回国会 予算委員会 第20号(2018/03/27、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二です。  佐川さん、お世話になります。よろしくお願いします。  まず、去年の二月十七日、総理が、かかわっていたら総理も議員もやめるという答弁をした、その前後で佐川さんの答弁は変化がないというふうにおっしゃいました。  答弁は変化がなかったかもしれませんが、財務省内で、あるいは例えば官邸との間で、その発言を契機にして、特別に何らかの対応、対策を話し合ったことはございませんか。
【次の発言】 通常、上司がああいう発言をすると、組織内は相当震撼をするというか、ものだと思うんですが、特段のことはなかったということですね。はい、了解いたしました。  それでは次に、退職されてから官邸の……

第196回国会 予算委員会 第26号(2018/05/28、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 麻生財務大臣、お伺いをします。  麻生財務大臣は、なぜ大臣を辞任しないんですか。なぜ大臣を辞任しないのか、私はわからない。麻生大臣、何かおやりになりたいことがあるんですか。いかがですか。
【次の発言】 私は、麻生財務大臣が、この森友の問題だとか公文書の問題だとか、さまざまな問題を解明するその任にふさわしくないと思うんです。それはなぜか。だって、これほどの問題が起きているんですよ。公文書の改ざん、隠蔽、虚偽答弁、事務次官のセクハラ、国税庁長官の辞任、不適切な土地取引、これほど問題が起きていて、全く何の責任もとらずに、そしてその解明を自分がやるんだと。  任にふさわしくないじゃないです……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 原子力問題調査特別委員会 第2号(2018/11/29、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。きょうはよろしくお願いいたします。  きょうは、大間原発の審査の状況について主に聞かせていただきたいと思っております。技術的なこともあろうかと思いますが、事実関係を淡々と確認したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  まず最初に、大間原発の審査はどこまで進んでいるのかという問題と、もう一点、現在、自然条件の審査、すなわち火山や地震や津波などの審査の途中であって、プラントの機器関係の審査は進んでいないという理解でよいのかということ、この二点、お伺いします。
【次の発言】 了解いたしました。  それでは次に、今月の十五日、十六日、大間の現……

第197回国会 内閣委員会 第5号(2018/11/21、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。どうぞ、きょうはよろしくお願いします。  きょうは、地方創生について、片山大臣と議論したいと思っております。  ただ、その前に何点か確認をしたいことがありますので、地方創生の議論に入る前に確認をさせていただきたいと思います。  まず一点でございますけれども、二〇一四年の二月ですか、片山さつき関西後援会設立の集いというのがあったと承知をしておりますけれども、この関西後援会の設立の集い、会費は幾らでやられて、その収支報告はどうなっているのか、教えていただけますか。
【次の発言】 個人の方がやられた。片山さんは関与をしていないという意味でしょうか。それは……

第197回国会 法務委員会 第2号(2018/11/13、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  きょうは大臣の所信への質疑ということでありますので、先ごろ、性犯罪を厳罰化する刑法改正が行われました。これに関して、随分、附帯決議もたくさんつけられました。大臣は、今回の所信の中でこの附帯決議についても言及されております。「附帯決議においても、被害者の二次被害の防止や、その心情に配慮することが求められています。」という言及をされているわけですが、この心情に配慮するという附帯決議に関して、大臣にお考えをお伺いしたいんです。  現在、強制性交罪は十年の消滅時効、それから強制わいせつ罪は七年の消滅時効とい……

第197回国会 法務委員会 第5号(2018/11/21、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。よろしくお願いします。  きょうは、与野党合意のない中で、いびつな形で委員会がスタートしております。さまざまなイレギュラーなことが起こるような気がしますけれども、委員長、よろしくお願いいたします。  委員長に一点確認したいんですが、この法務委員会の採決の時期というのは決まっているのかどうか。  と申しますのは、与党の国対委員長が、総理が外遊する前までに参議院に送らねばならないといったような発言をされているんですが、これは与党、野党理事の間で合意されているんですか。
【次の発言】 了解であります。  しっかりその点を確認させていただいた上で、質疑に入らせていただ……

第197回国会 法務委員会 第8号(2018/11/27、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  第二次安倍内閣がスタートして以降、年々歳々、国会の権威がおとしめられているということで、私は相当な強い危機感を持っております。  安保法制のときもひどいものだったと思いますけれども、あのとき政府はまだ、とにかく必死になって答弁しようという姿勢があったように思います。共謀罪の法案のときもひどい審議状態でした。あのときは、政治家がほとんど答弁できませんでしたが、役所の政府参考人は立て板に水の答弁をしておりました。  ところが、今回のこの入管法の改正、いかがですか。安保法制に比べても共謀罪に比べても、ほとんど審議をさせてもらえない。基本的事項が全く決……

第197回国会 法務委員会 第10号(2019/01/23、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二です。よろしくお願いいたします。  外国人の労働問題についてやりたいと思うんですが、外国人材に日本で活躍してもらうというのは非常に大事なことだと思っています。ただ、環境整備をしっかりやらないで、足元の必要性に応じてなし崩し的に受け入れてしまうと将来に大きな禍根を残すというふうに思っていますので、今回、法務省が本当にそういう意味できちんとした準備、環境整備ができているのかということを、きょう一回では明らかにならないと思いますけれども、何度かに分けてやらせていただきたいと思います。  では、まず最初、農水省に伺います。  特定技能ではなくて技能実習の方についてお伺い……

第197回国会 予算委員会 第2号(2018/11/01、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。よろしくお願いします。  まず、片山大臣にお伺いします。  片山大臣、昨日、政治資金収支報告書を訂正されたと。寄附金二百万円記載漏れ、これを新たに記載をしたということでありますけれども、二点お伺いします。  今回のこの収支報告書の監査人は南村博二さんですか。それからもう一点、今後、この政治資金収支報告書の訂正、される予定、見込み、これはありますか。以上二点。
【次の発言】 一点質問に答えておりません。  今後、政治資金収支報告書を訂正する予定、そういう案件はありますかと聞いたんです。
【次の発言】 片山大臣、それでは、冒頭にこの質問をしたので、引き……

第197回国会 予算委員会 第4号(2018/11/26、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  今のやりとりを聞いて多くの皆さんが理解をされたと思うんですが、今回の入管法の改正、実は中身は、何にも決まっていないんです、すかすかなんです。新たな在留資格をつくるんだということだけは明確であります。しかしながら、永住権の扱い、あるいはどれぐらいの人数の方を受け入れるのか、あるいは単純労働とはいかなるものか、総理が言っているところの移民政策というのは何か、こういうことも全く決まらない中で議論させられているというのが実態であります。これでは決断のしようがないというのが私の強い思いであります。  現在、私は、確かに日本、人口減少社会、労働力も不足をし……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 経済産業委員会 第17号(2019/06/19、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 おはようございます。立憲民主党の逢坂誠二でございます。  まず冒頭に、昨夜の地震で、新潟、山形、被災されました皆さん、被害に遭われました皆さんに心からお見舞いを申し上げたいと思います。  また、我が党も今さまざまな手段で情報収集しておりますけれども、政府の皆さんにおかれましては、迅速な情報収集、被害の把握、そして被害への対応をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。  それでは、冒頭、大臣、きのう閣議決定された件について、ちょっと本題とは外れるんですけれども、お伺いさせていただきたいんですが。  きのう、政府は、金融庁の二千万円老後足りなくなるんだというあの報告書に対して……

第198回国会 原子力問題調査特別委員会 第4号(2019/05/23、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。よろしくお願いいたします。  それでは、更田委員長にまず一点お伺いしたいんですが、現在日本で稼働している原子力発電所、この中で、現行の規制基準に適合しないで動いている発電所があろうかと思うんですけれども、そういうものはないという認識でしょうか。それとも、今首をちょっとかしげられましたけれども、この点についてはいかがでしょうか。
【次の発言】 全て規制基準に適合しているという認識でしょうか。テロ対策を含め、全部規制基準に適合しているんでしょうか。
【次の発言】 それは、法律的に言って、規制基準の中で、今現在工事をやっている、やっていて、ある一定の期間が終わったら……

第198回国会 総務委員会 第11号(2019/04/09、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二です。  よろしくお願いします。  まず最初に、四月の二十七日から始まる十連休への対応についてお伺いをします。  次の三点についてお伺いしたいんですが、まず一つ、生活保護費、これの支給日は、通常、毎月一日から五日の間、この間に大体全国の自治体で支給されているのではないかと承知しているんですが、この時期はまさに連休に当たるんですが、支給日の前倒しが必要ではないか、この点、一点お伺いしたい。  それから、二点目。連休中に生活困窮に陥る方々が、これは平時もそういう方々がいるわけですけれども、連休中の生活困窮に陥る方々への対応はどう考えているのか、これも一点お伺いしたい……

第198回国会 予算委員会 第3号(2019/02/05、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  総理にまずお伺いします。  今回の毎月勤労統計の不正、不適切な調査、これによって、総理は、セーフティーネットへの信頼を損なう事態を招いたことについておわびをすると繰り返し述べておられますが、ここで言うセーフティーネットというのは、これはどういうことを意味しているんでしょうか。
【次の発言】 私、総理が繰り返しセーフティーネットだけを言うのは、少し認識が甘いというふうに思っているんですね。  今回、賃金構造基本調査も不適切な取扱いがあった。それから、基幹統計五十六、このうちの二十四についても不適切な取扱いがあった。  私は、もちろん、セーフティーネット、これ……

第198回国会 予算委員会 第4号(2019/02/08、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  根本大臣、毎勤統計、今回、これが出ました。きょうの朝八時半に出されましたけれども、これを見ていると、実質賃金指数、現金給与総額は一〇〇・八ということで、〇・二%の増ということであります。  これについて、大臣、ちょっと所感をお伺いしたいんですけれども、まず、大臣の前提として、全数調査と共通事業所の調査、この指数を比べると共通事業所の方が、これまでの例でいくと、きょうは残念ながらグラフを用意していませんけれども、全部低くなっているという認識でよろしいですよね。
【次の発言】 大臣、簡単な質問です。  これまでの国会の議論の中で、本系列と共通事業所、これを比較……

第198回国会 予算委員会 第6号(2019/02/13、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  随分昔のことになるんですが、私も、自衛隊の募集事務を三年ほどやったことがございます。防衛省の、当時は防衛省ではございませんでしたけれども、地方協力本部の皆さんと一緒に学校を回ったり、あるいは自衛隊父兄会の行事に参加をしたり、いろいろなことをやって、自衛隊の募集事務をやらせていただきました。  私の感覚では、自衛隊の募集、これは非常に大事なことで、市町村の仕事の中でも、私は大切にしなきゃならぬものだなと思っております。当時は法定受託事務という概念はありませんでしたけれども、今は法定受託事務であります。  そこで、総理にお伺いしたいんですけれども、防衛大臣から……

第198回国会 予算委員会 第7号(2019/02/14、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二です。  まず冒頭、中江税関局長にお越しいただいております。中江さんにお伺いします。  今、自分は税関局長の立場だ、秘書官時代のことについては答えられないという話でありましたけれども、中江さんが答えられないとするならば、誰が答えられるのか教えていただけますか、その方に聞きますので。
【次の発言】 私、所管外のことについて、きょうこの場で聞くつもりはないんです。  ただ、例えば、他の職であれば、随分議論になりました大西政策統括官のことでいえば、後任の藤澤に聞いてくれというような話を大臣は答弁するわけです。  だから、その意味で、中江さんが答えられない、今は別の職だ……

第198回国会 予算委員会 第9号(2019/02/18、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二です。よろしくお願いします。  最近、総理は悪夢という言葉を何か使われているというふうに承知をしておりますけれども、確かに、総理にとってみれば、二〇〇九年の政権交代というのは悪夢だったんだと思います。ただ、私は、過去の総理の悪夢の議論をしている今余裕はない。総理は、二〇〇九年をそう感じたのかもしれませんけれども、今私は、今の悪夢の話をしたい、そう思います。今の悪夢ですね。  今の悪夢は何か。  日本の国において、公文書の廃棄や改ざんや隠蔽、捏造、こういったことが起こっている。これは悪夢ですよ。  あるいは森友学園問題。いろいろな議論はありましたけれども、いまだに……

第198回国会 予算委員会 第10号(2019/02/20、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 どうも御苦労さまでございます。逢坂誠二でございます。  私は地元でありますので、地域の課題をきょうこのような形で、予算委員会の場を通して全国の皆さんに発信できる機会が得られたことというのは本当にありがたく思っています。関係者の皆さんの努力に心からお礼申し上げます。  また、私自身は、ニセコ町長時代もそうでしたけれども、公共投資を相当やりました。今も、道路、港、空港を始めとする社会資本整備、必要な公共投資は確実に行うべきだというのが私の立場でありますので、また御理解いただきたいと思います。  時間もありませんので、簡潔に御質問させていただきます。  まず高橋会長ですが、北海道全体の課……

第198回国会 予算委員会 第12号(2019/02/22、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。よろしくお願いいたします。  それでは、まず、姉崎参考人、どうもきょうはありがとうございます。御苦労さまでございます。  我々は、今回のこの統計の問題に関して、姉崎参考人の役割といいましょうか、いろいろおやりになられてきたことが今回の統計の問題の真相を解き明かすのに非常に大事な鍵を握っている、そう思っておりまして、この間ずっと、姉崎参考人に国会にお越しをいただきたいということをお願い申し上げておりました。  きょう、それが実現をいたしまして、いろいろお伺いしたいことがあるんですが、これまで国会に来られなかった理由というのは何かあるんでしょうか。

第198回国会 予算委員会 第13号(2019/02/25、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  先週の金曜日になりますけれども、厚生労働省から、二〇一五年の九月に毎月勤労統計の座長に厚生労働省から出されたメールが公開されました。  総理、これはメールが公開されて私は非常によかったと思っているんですが、残念ながら、このメールは厚生労働省が公開したんじゃないんですね。座長が、座長のところへ来たメールを厚生労働省に転送して公開している。厚生労働省は相変わらず、このメールのありかがわからないというようなことを言っているわけであります。まあ、けさ出てきましたけれども。  それからもう一つは、前回も私、総理にお願い申し上げたんですけれども、こういうも……

第198回国会 予算委員会 第14号(2019/02/28、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。よろしくお願いします。きょう最後の質問です。  きょうのこの委員会に樋口特別監察委員会の委員長、それから姉崎参考人をお呼びしていたんですけれども、どういう理由か余り判然としないんですけれども、おいでいただけないということであります。姉崎さんなどが来ることを想定して質問を考えていたんですけれども、少し中身を変更しながらやらせていただきたいと思います。  それから、冒頭に一点。  安倍内閣になってから、委員会に出す資料、これは本当にスピードが遅くなった。誰がどう阻んでいるのか知らないけれども、議論のために必要な資料はやはり素早く出していただきたい。これ……

第198回国会 予算委員会 第16号(2019/06/26、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 委員長、動議を提出いたします。
【次の発言】 この間、百十七日間にわたって衆議院の予算委員会が開催されておりません。そのことに関して発言を求める、その動議を提出いたします。


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 原子力問題調査特別委員会 第3号(2019/12/05、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○逢坂委員 逢坂誠二でございます。  きょうは、黒川参考人、石橋参考人、益田参考人、それぞれありがとうございます。  まず冒頭に、お三人から、若干言葉は違っておりますけれども、基本的には、国会事故調の提言の実現に向けた実施計画を速やかに策定すること、その進捗の状況を国民に公表することと、国会が要請した国会事故調からこういう提言をいただいていて、これが十分にやれていない、そういう指摘を三人からされたわけであります。やはりこの指摘は相当重く受けとめなければいけないというふうに思いますし、三・一一という世界にもまれに見るような大事故を起こした国の国会として、私は、いまだにこの国会の中に常設でこの問題……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 議院運営委員会 第22号(2020/04/16、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立国社の逢坂誠二でございます。  時間も限られておりますので、冒頭に質問をまとめてさせていただきたいと思います。  今回、緊急事態宣言を全国に展開するのは極めて異例の措置だと思われます。それにもかかわらず、なぜ総理がこの場に説明に来ないのか。最低限、厚生労働大臣、財務大臣は来るべきだと思いますが、見解を伺います。  それから、今回、緊急事態宣言を全国に広げた根拠は何か、以前と何が変わったのか、これまでの政府の判断が甘かったのかを含めて、合理的な説明をお願いいたしたいと思います。  それから、接触八割減ということをこれまで言われておりますが、これは非常にわかりにくい。日常の生活圏を超……

第201回国会 予算委員会 第11号(2020/02/12、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○逢坂委員 委員長、驚きました。  行政府の閣僚席から、意味のない質問だ、こういうやじが飛ぶなんというのは前代未聞ですよ。これは、与党の皆さんも、国会そのものがばかにされているんですよ。やるんだったら、ちゃんと質問時間の中で思うことを言えばいいじゃないですか。後ろを向いて今質疑者が帰ろうとしている、追い打ちをかけるようにあんなことを言うなんというのは言語道断。  私は、本当に安倍内閣はでたらめだと思いますよ。行政私物化まがいのことはいっぱい発生するし。そして、そのことを指摘すれば、公文書を廃棄するし、隠蔽するし、改ざんするし、捏造するし。国会で質問すれば、まともに答弁しない。御飯論法だ。逃げて……


逢坂誠二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

逢坂誠二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-45期-47期-|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2018/02/23、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂分科員 逢坂誠二でございます。  私も引き続き裁量労働制についてやらせていただきますが、まず冒頭に、裁量労働制と高度プロフェッショナル制度、これはやはり今回の法案から切り離して、相当やはり問題が多い、それと反対も非常に多い、労政審の議論、建議、答申ともに、この裁量労働制、高度プロフェッショナル制度については、労働側からはこれは導入すべきではない、そういう意見が繰り返し述べられているわけですので、これは切り離すべきだ、私はそう思うんですが、大臣、いかがですか。
【次の発言】 おおむね妥当であるというのは、労働時間の時間外、これに、時間外を超えたら罰則を付加するとか、同一労働同一賃金とか、そ……

第196回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2018/02/23、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○逢坂分科員 どうも、逢坂誠二でございます。よろしくお願いします。  まず、それでは第一問目、簡単な方から行きましょうか。  まず、新幹線の携帯電話の関係ですけれども、新幹線で携帯電話の通じないエリアが相当あるということで、総務省では遮蔽対策という言い方をしているというふうに思いますが、これに対する基本的な考え方と今後の見通し、お知らせいただけますか。事務方で構いません。
【次の発言】 ありがとうございます。  全国に新幹線網が広がっていって、新幹線の移動中というのはやはり仕事をするにちょうどいい時間なんですよね。そのときに電話が通じない、電話だけじゃなくて、今は、このような類いのものが使えな……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会公聴会 第1号(2019/02/26、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂委員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。  きょうは、それぞれの公述人の皆さんから大変貴重な話をいただきまして、ありがとうございます。  特に、江口所長から、現場の実態、現状に基づく非常に貴重な御意見をいただきました。さまざまな思いをめぐらさせていただきました。本当にありがとうございます。  それでは、何点か質問させていただきます。  まず、上西公述人にお願いをしたいんですけれども、今回、毎月勤労統計、これは部分入れかえ方式に変わったということ、ただし、それは遡及して影響を及ぼさないということにしたわけですが、このことによって、どんな影響といいましょうか、課題、問題が考えられるか、教えて……

第198回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2019/02/27、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○逢坂分科員 立憲民主党の逢坂誠二でございます。よろしくお願いします。  ちょっと順番を変えまして、先に放射線副読本の話を最初に聞かせていただきたいと思います。  この放射線副読本ですけれども、予算額がどれぐらいで、何部ぐらいつくって、どういうところへ配付をしているのか、これを教えていただけますか。
【次の発言】 こういう副読本をつくる根拠は、一体どういうところにあるんでしょうか。
【次の発言】 放射線に対する理解を深めるということですが、これは、なぜ放射線への理解を深める必要があるんですか。世の中にはいろいろな物質がありますけれども、なぜ放射線だけを取り上げて、深めるということを考えられたの……



逢坂誠二[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
44期-45期-47期-|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

逢坂誠二[衆]在籍期 : 44期-45期-47期-|48期| 今期は集計中です。
逢坂誠二[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計