受田新吉衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   3465文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4246文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   7711文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第32号(1953/07/30、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程せられておりまする一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対しまして反対の討論を試みようとするものであります。(拍手)もともと教育基本法によつて設置されましたるところの学校の教職員は、民主日本の教育を担当するという重責をにない、かつ国民全………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第29号(1954/03/29、26期)

私は、ただいま緊急上程せられましたるフィリピンにおける元日本軍人の討伐命令等に関する緊急質問を試一み、ここにおいでになります岡崎外務大臣、草葉厚生大臣、できれぱ総理をと要求したのでありますが、総理及び副総理は出席できざる旨の通告がありましたので、この際両国務大臣にあもせ御答弁をいただきたいと思りので………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 11) 20回発言  54098文字発言
 第17回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  2)  7回発言  26170文字発言
 第18回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)  7回発言  59562文字発言
 第19回国会 50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員 35) 26回発言 141142文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  1回発言   3420文字発言
 第21回国会 11回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    972文字発言

  26期通算 115回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事 53 委員 53) 62回発言 285364文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            67回出席(長  9 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 34) 28回発言 165028文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員  7) 27回発言  91966文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  4回発言   6912文字発言

 文部委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  20486文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    972文字発言


委員会委員長経験

 人事委員会委員長(第21回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第16回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 人事委員会理事(第17回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 人事委員会理事(第18回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 人事委員会理事(第19回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第19回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1953/05/29、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、山下春江君を委員長に推薦いたしたいと思います。これより理事の互選を行います。理事の員数及び互選の方法についてお諮りいたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/06/17、26期)

マヌス鳥で長い間御苦労いただいてお帰りになつたお三人の方に、われわれ国民として尽すことの足りなかつたおわびと、御健康なからだでお帰りになつたことを心からお喜びしたいと思います。ちようど祖国は一応独立…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/06/22、26期)

遺骨の引揚げのことについては、遺骨を尊重するという点においては、日本国としても十分意を用いなければならない。なくなられた霊に対して深い敬意をささげ、その霊が静かに帰られるということに協力を日本国政府と…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/06/23、26期)

平野さんがお帰りをお急ぎでありますので、平野さんに関する分だけお尋ねしておきたいと思います。なお、他に平野さんに対して質疑のある方にも、平野さんの場合はごく一、二問だけということでもけつこうですから、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/06/24、26期)

時間が迫つておりますので、ごく簡単に質疑をいたします。平野さんと阿部さんがいらつしやらないので、関連したお尋ねができないのですが、新たに葛西さんがおいでになりましたので、葛西さんに、ことにあちらのコミ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第8号(1953/07/14、26期)

関連して、一緒にお尋ねしたいのですが、辻さんのお尋ねの中にありましたように、このたびの帰還について、向うからこつちへ帰る際に、乗船が若干遅れたわけですが、その乗船が遅れた期間中の経費負担をどちらがして…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第9号(1953/07/28、26期)

恩給局の方がお急ぎのようですから、留守家族に対する関係の未帰還公務員の普通恩給のことについてお尋ねいたしたいと思います。今度、恩給法によりまして、未帰還政府職員が普通恩給を支給されるように規定された…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1953/08/04、26期)

犬養さんは、先ほど、近く年末くらいまでには戦犯釈放について何らかの朗報があることをわしは信じておるというお言葉があつたのでありますが、その根拠はどこにありますか、お尋ねしたいと思います。それから、勧…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1953/08/06、26期)

例の華僑があちらに帰るのに、舞鶴を指定されるのはどういうわけですか。各華僑に関しての返還方法は、向うから帰つて来る人の帰国船を利用し合おうという考え方ですが、こういうようなものは今後別に取扱う用意はな…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/06/18、26期)

この期末手当の支給額をどれだけ用意すべきかについて、国家公務員、地方公務員それぞれの立場における予算の額を政府で調査されたものを御発表願いたいと思います。それからもう一つは、諸外国との引比べにおいて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/06/19、26期)

大蔵大臣は、何とかしたいとは思つたが、百九十億もかかつてはたいへんだというので、おやめになつたということですが、百九十億ということでなくて〇・一か〇・二であれば、四十億、五、六十億で済むわけですが、百…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/07/15、26期)

最初に、失業問題についてお尋ねしたいと思います。国の方針として、働いて、最低の生活を営もうとする人たちに対する政策と、働かないで、その生活を保護しようとする政策との調整は、きわめて重要なことだと思うの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1953/07/24、26期)

前者の質問と合致する点と、これに附加する点がありますが、この勧告が予算の衆議院通過の翌日になされたということに対しての批判は私も同様であります。ことに昨年も第十三回国会でしたか、七月三十一日に長い国会…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1953/07/27、26期)

柴沼さんにお尋ね申し上げます。先生の学校は大学の課程はもちろんのこと、附属の高校、中校、小校と各系列の学校全部を網羅しているという点においては、全国の学校系統のモデルになるところであると思います。従つ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1953/07/29、26期)

この法案の新しい第六条第六項第二号の高等学校教育職員紋別俸給表でありますが、これに「高等学校その他これに準ずるもので、人事院の指定するものに勤務する校長、教諭」云云ですが、この規定の中にいわゆる盲学校…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 人事委員会 第17号(1953/10/14、26期)

この地域給の問題は、もうずいぶん長く小委員会中心に審議された問題でして、結論を得たということは、桜井君の説明通りにこれを尊重するということは、この委員会としては大事な問題だと思うのです。もう一つ、もう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第8号(1953/07/13、26期)

一言だけ……。目下本予算の最終審議段階に入つているのですが、この重大事態に対して、政府としては、この際まだ衆議院で最終段階の審議の期間でありますので、大急ぎでその予算の追加修正をする用意はないか。これ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第10号(1953/07/15、26期)

筑後川の上流に九州電力がつくつておる夜明ダムのとびらをとざしておつたために水が溢れて、筑後川の両岸を洗い、――福岡県の浮羽郡一帯の農民は、そのために農地を流失せしめられたというので、このダムの問題につ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第11号(1953/07/16、26期)

緒方さんに先にお尋ねして、あとから大蔵大臣にお伺いします。今まで質問されたことに少々関係することでありますが、この災害対策の総合的国家機関を設けるということに対しては、私も強力にこれを主張したいのであ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水害地緊急対策特別委員会 第13号(1953/07/18、26期)

大野さんがおいでの機会にちよつと質問申し上げたい。大野国務大臣は、現地派遣の最高指揮官として、実情に即するために、中央の十億のつなぎ融資のほかに、さらに二十億の必要を認めて、さしあたり十億をあなたの権…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

大臣の御答弁になつたことと重ならないようにして、次の問題を一問だけお尋ねいたします。今回出された援護法関係の提出書類の府県から出されたものが、今次長の答弁では二万却下されたということであります。その二…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/04、26期)

ただいまの調査機関の予算はどの程度で出発されるのであるか。もう間もなく委員の任命はあろうという御用意がある以上は、予算措置について十分御検討が加えられておると思います。この点について構想を伺つておきま…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/11/06、26期)

今度ソ連その他から戦犯と確認された人が帰つて来られるわけですが、その際に、国内の戦犯として服務された方々が恩給法上あるいは援護法上の恩典を受けているのと同じようなものが、新たに戦犯と確認された人たが釈…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1953/11/04、26期)

今の待命制度について関連してお尋ねしたいと思います。この制度をおつくりになつたことが人事院規則の立場からは、その時の政府の政策の都合によつて動かされるような弊害はないかということを私は心配しておる。国…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/11/17、26期)

滝本局長さんは給与準則の勧告がされていることに対して、この勧告を法律として実施する場合に、予算の裏づけがどうされるかを御検討。されておられると思います。従つて、人事院の勧告が実施されるときに、予算の措…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/11/18、26期)

福永さんは非常に誠実を買われておる長官だそうですから、私もその意味でお伺いいたします。政府部内において人事院の廃止を唱えようとする空気があるやに伺つております。これはいろいろな形で伺つておりますが、…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/11/28、26期)

官房副長官がおいでになつておられますので、政府の給与改訂及び年末手当の増額に関する構想をお伺いいたしたいと思います。今回の第二次補正予算案において、給与改訂の法律案を用意せられることになつておるよう…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/12/07、26期)

皆さん方から今朝来たいへん御熱心に状況報告をしていただいて、私たちまことに得るところが多かつたのであります。わけて、皆様方は、私たちが過去八年にわたつてそのお帰りを一日千秋の思いでお待ち申し上げた方々…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/12/09、26期)

社長さん以下、たいへん御苦労さまでございました。あなた方がおいでになつてからお帰りになるまでの間を、国民は命がけで御期待しておつたわけで、それだけに、今回お尽しいただいた御功績に対しては感謝を深くして…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1953/12/02、26期)

田中副長官にお尋ねします。あなたは去る二十八日のこの委員会におきまして、当委員会が党派を越えて決議した例の地域給の本俸組入れの趣旨を、十分尊重するように努力するというお約束をなさつてお帰りになられ、ま…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1953/12/03、26期)

自治庁としては、地方公務員の給与が、その実績において国家公務員よりも三百数十円ずつ高いという算定を今日なお持つておられるかどうか、それを教育職員と府県職員・市町村職員にわけてお答えをいただきたい。次…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1953/12/04、26期)

この法律の改正案に関して、別表の第六に教育職員級別俸給表が掲げられてあるのでありますが、これについて文部省の政府委員にお尋ねを申し上げ、しかる後に関係事項について他の政府委員にお尋ねいたします。この…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1953/12/05、26期)

一応御説明をお聞きしたのでありますが、この二億六千六百万円の所要経費のほかに残された九千四百万円というものは高等学校のベース・アツプの部分に充当するようにしておられるのでありますか。さよう心得てよろし…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1953/12/06、26期)

私から両派社会党共同提案にかかわる一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案に対する修正案の趣旨弁明をいたします。お手元に差上げてある案文をごらんいただいて御判断を願いたいと思います。一応案…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1954/02/05、26期)

今の政務次官の御答弁の中の一万二千の数字は、民間人と軍人軍属との比率はどうなつておるのですか、その点を明瞭にしていただきたいと思います。なお、林鉄夫氏の問題につきましても、まことに私どもその不幸お気…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1954/03/02、26期)

日本赤十字社が中国紅十字との間においてこうした人道的問題の友好的処理を考えておられることに対しては、はなはだ時宜を得たものとして敬意を表します。ことに、赤十字社が昨年あちらへ御足労いただいて引揚げ促進…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1954/03/06、26期)

関連して。今利息の問題が出たので伺いますが、先ほど課長からお話になつた、今度出す法律に利息も考えてみたいということでありました。それは利率は幾らにして出すつもりであるか、この機会にお伺いいたします。…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1954/03/16、26期)

ちよつと援護法と恩給法との関連について両政府当局に御答弁願いたいのであります。まず、恩給法では、公務扶助料をもらう順位が、父、母、妻という段階から始まつて、しかも親においては六十歳未満であつてももらえ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1954/03/25、26期)

きようおいでいただきました工藤さんを入れまして六名の方々より、それぞれの立場であちらの様子をよくお聞かせいただいたのですが、一括いたしましてお伺い申し上げたいことは、今度お帰りになられた皆さんは、昨年…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第8号(1954/04/03、26期)

関連して。朝鮮銀行と台湾銀行に関して現地人の預金関係はどうなつており、これがどう処理されたか、この点ちよつとお尋ねしておきます。横浜正金銀行から現在の東京銀行となりまする際のいろいろな処理についても…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1954/05/06、26期)

関連して。今引揚げ学生の入学の問題について文部省側の御意見を表明されたわけでありますが、終戦当時学生の身分のままで応召もしくは入営した学生が、その後ソ連とか中共とかに連れて行かれて、最近もどつて来たと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第13号(1954/07/14、26期)

私も派遣委員の一人として、山下委員長一行に加わりまして現地の視察をしたのでありますが、今長谷川君からまとめて御報告いただいたように、北海道は引揚者の住宅あるいは入植の問題等については全国で第一位の責任…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第14号(1954/09/06、26期)

疎開住宅の問題は、引揚者疎開住宅として厚生省が計画したものが二十七年に打切られたという関係があるので、全国的に、北海道のみでなくて、木造でけつこうですけれども、当然疎開住宅をつくるべきところがまだ残さ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第15号(1954/09/07、26期)

荒船新政務次官殿より御決意のほどを拝聴したわけなんでありまして、その御努力に大いなる御期待を申し上げるわけなんでありますが、昨日以来のわれわれの非常に大きな願いというのは、臼井さんも御指摘のごとく、さ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第16号(1954/10/07、26期)

それでは、これから中共地区よりの引揚者受入れ援護状況調査のため舞鶴に参りました結果について御報告いたしたいと存じますが、後ほど参考人よりの御意見の御開陳もあることと存じますので、ごく簡単に御報告申し上…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第17号(1954/10/30、26期)

今の福田さんの質問に関連するのですが、この間英国労働党の議員がやつて来たときに、羽田空港においてその取扱いがはなはだ冷淡であつて、税関その他の調査なども非常に厳重であつて、英国議員団も、中共やソ連に行…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1954/03/10、26期)

加藤国務大臣は、先ほど人事院の所管内にある職員の給与に関することを担当するのだということを仰せられましたが、この一般職の職員だけの給与でありますか、あるいは特別職の職員の給与も別に含むことにしてあるか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1954/03/13、26期)

議事進行に関して。今日ははなはだ重要なる議案並びに地域給に関する説明を聞く委員会であるにかかわらず、担当国務大臣である加藤さんは御出席になつておりません。また人事院総裁もかつまた委員会の主宰者である委…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1954/03/20、26期)

政府提出二法案について種々検討が続けられ、審査が続行されて来ておるのですが、この法案に関して、特に教育公務員特例法の改正案なるものは国家公務員法に関連を持つて参りまするので、きわめて重要な関連の諸点に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1954/03/23、26期)

議事進行に関しまして……。ちよつと事前に、この間、私から、赤城さんが委員長代理でやられたことに、おいて、地域給勧告に関する人事院総裁と左派社会党の幹部との会見のてんまつを、できるだけすみやかな機会に、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1954/04/02、26期)

関連して。本格的にはまた次の機会にやりますが、今大臣の御答弁を承り、岡部さんの御答弁を承つておりますと、私はなはだ奇怪に感ずる点が発生したのです。それは今岡部さん御指摘のごとく、私も昭和二十二年九月に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1954/04/12、26期)

行政管理庁管理部長に要求しておきました各種行政委員会の職務権限等に関する調査事項をお出しいただきたいと思います。そしてこれに基いて関連的な基本問題をお尋ねしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第15号(1954/04/20、26期)

関連してちよつと総裁にお尋ねしておくのですが、公務員法の二十三条の「法令の制定改廃に関する意見の申出」でありますが、「この法律の目的達成上、法令の制定又は改廃に関し意見があるときは、」とあり召す。今回…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第17号(1954/04/23、26期)

大臣は昨日以来法務大臣の重職におつきになられたわけでありますが、このお仕事は、大臣みずからが就任の弁で申されたごとく、鬼門のいすにみずから行くのだということで悲壮な決意で行つていらつしやるようです。こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第19号(1954/05/07、26期)

大体加賀田、桜井両君のお話で尽きておるのですが、私から追加して基本的な問題でお尋ねしておいて終りたいと思います。たとえば国の経営する企業に従事する職員の中に、国家公務員を存置しておる法理論的根拠を政府…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第20号(1954/05/10、26期)

立法技術の上で加藤国務大臣にこの法案の考慮の余地はないかをただしてみたいと思います。ことに給与総額の問題に触れてみたいのですが、大体特別会計予算には予算総則があつて、それなんかに給与総額や、あるいは業…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第31号(1954/10/08、26期)

せつかく明日専門員からの御説明があるようでありますれば、地域給ももちろん含めた給与関係の諸問題について、大蔵省の給与課長その他人事院の給与担当の人々を招いて、特に早急に懇談したいような事項もありまする…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第32号(1954/10/09、26期)

第一点として、公務員の給与関係の重要問題をお尋ねしたいと思います。これはちようどここへ人事院と大蔵省の関係担当責任者がおいでになりますので、おわかりになる範囲内で、その責任の範囲内でお答え願いたいので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1954/02/24、26期)

文部大臣は今宗教に関する御見解を表明されたのでありますが、私はこの機会に伺いたい。文部省はかねて日本の宗教団体に対する財産上の保護、その他の法的効力をあらしめるための宗教法人法案を提出し、二十六年四月…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1954/02/26、26期)

文部大臣がおいでになりますので、この前質問を保留しておきました政教分離に関する問題についてさらにお尋ねを続けたいと思います。この間文部大臣は、宗教の世界に政治を介人せしめることは絶対にあるまじきこと…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/06、26期)

大蔵省の御意向によつて北海道の疎開住宅の基本的な考え方を明らかにしていただいたのでありますが、私ついこの間北海道へまた参りまして、この疎開を必要とする住宅地帯の函館、旭川の市長などと直接会つたのですが…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 郵政委員会 第1号(1954/12/13、26期)

期末手当に関連してちよつとお尋ねしたのでありますが、郵政省の職員の中で臨時的な性格の仕事をしておられる人々、これは常勤的な臨時職員もまた非常勤の形の職員もあると思うのでありますが、そういう人々に対する…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22