石野久男衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   3306文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  5回発言   3379文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  6回発言   6685文字発言

本会議発言一覧

第84回国会 衆議院 本会議 第24号(1978/04/20、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま上程されました原子力基本法等の一部を改正する法律案並びに自民党、新自由クラブ提出の修正案に反対の討論を行わんとするものであります。政府の説明によると、改正法案は、原子力船「むつ」の事故の教訓に学んで、原子力の安全性を確保するために行われたというのであります。しかし………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第16号(1979/03/20、34期)

ただいま議題となりました放送法第三十七条第二項の規定に基づき、承認を求めるの件について、逓信委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、日本放送協会の昭和五十四年度収支予算、事業計画及び資金計画について、国会の承認を求めようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第27号(1979/05/22、34期)

ただいま議題となりました通信・放送衛星機構法案につきまして、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告いたします。本案は、通信衛星及び放送衛星の管理運用を効率的に行う通信・放送衛星機構を設立すべく、その設立の根拠法を制定しようとするものでありまして、その主な内容を申し上げますと、会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第28号(1979/05/25、34期)

ただいま議題となりました二法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。まず、郵便貯金法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第30号(1979/05/31、34期)

ただいま議題となりました電波法の一部を改正する法律案につきまして、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本案は、千九百七十四年の海上における人命の安全のための国際条約の発効に備え、船舶局の無線電話の聴守義務等について所要の措置を定めるとともに、宇宙における無線通信の実用化に対処す………会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 本会議 第31号(1979/06/05、34期)

ただいま議題となりました日本放送協会昭和五十一年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書について、逓信委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。本件は、放送法第四十条第三項の規定に基づき、会計検査院の検査を経て、内閣から提出された日本放送協会の昭和五十一年度決算書類でありますが、これによれば………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 24) 14回発言 108595文字発言
 第81回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  8)  5回発言  51089文字発言
 第84回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 22) 15回発言 145062文字発言
 第85回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  5)  1回発言  14618文字発言
 第86回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 21回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言  11371文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算 130回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員 69) 38回発言 330735文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60)  7回発言  73690文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 46 委員  8) 30回発言 252881文字発言

 逓信委員会
            15回出席(長 15 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4164文字発言


委員会委員長経験

 逓信委員会委員長(第87回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第80回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第81回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第82回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第84回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第85回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第86回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1976/12/30、34期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、私がその職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1977/03/23、34期)

一つだけお聞きしておきますが、炉内で給水ノズルあるいは戻りノズルのところに問題があって、それの修復作業をするという、その作業をするための状態として炉内の水をどうするかということは非常に関心の深いところ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1977/04/06、34期)

大臣にお尋ねしますが、カーター核外交に対する日本政府の折衝は、福田総理が訪米して以来いろいろと行われているようでございますが、この交渉の経過、現状はどういうふうになっておりますか。国務省にはこの問題…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1977/04/14、34期)

大臣に伺います。昭和四十九年の十月十四日に「むつ」問題で合意書ができた。この四者協定のぎりぎりの期限がきょうなんですよね。この協定に対して、各協定当事者に、現実には原子力船「むつ」は動かないでおりま…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第10号(1977/04/20、34期)

最初に、通産省の方にお聞きしたいのですが、通産省には技術顧問会議というのがあるのだそうですか、そういうものはあるのですか。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第11号(1977/04/27、34期)

参考人の各位には大変御苦労さまでございます。私は、きょういろいろ皆さんにお尋ねいたします前に、非常に重大なことだと思いますることは、エネルギー問題の重要性と原子力の安全性の問題といずれが必要であるか…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1977/05/18、34期)

資源庁長官にお尋ねいたしますが、日本は、非常に人口は多いし、国土は狭い、資源も少ない。そういう中で、生産を拡大していくということについての資源政策というのは、非常に問題の多いことは言うまでもありません…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第16号(1977/05/25、34期)

ただいま米田委員から説明した写真は、私も調査団の一員として入って確認しておるのですが、十ページに出ておりますその写真のごときは、いま申請しておる炉の中心から三百メーター、これはアメリカの設計基準からい…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第17号(1977/05/26、34期)

もう会期もあと二日ほどですから、委員会はしばらく正規になかなか開かれないと思うんです。幾つかの問題が残されていくし、この際、一応政府の意見も聞いておきたいと思いますので、大臣にお尋ねいたします。いま…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第18号(1977/07/13、34期)

大臣にお尋ねします。いま宮崎委員から、再処理工場についての日米交渉の問題でいろいろ御質問がありましたが、最初に大臣にお尋ねしたいことは、ちょうど選挙の終わるまでの間、この問題についての大臣の発言は、…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1977/02/12、34期)

総理にお尋ねしますが、総理は施政演説で、資源エネルギーの確保と科学技術の振興の問題は、資源小国であるわが国にとって、まさしく安全保障的な重要性を持つものである、政府は、原子力を含むエネルギーの安定供給…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1977/02/23、34期)

私は、エネルギー問題について特に原子力が非常に重要だということで関心を持っておるのです。党は、こういう問題では人類の将来に対しても影響のある放射能障害というものを重大視して政治的に取り組んできました。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1977/03/03、34期)

外務大臣にお尋ねします。簡単にお尋ねしますが、日中平和友好条約についてですが、中国の側でも日本の側でも、もうほとんど問題がないというのにもかかわらず、なかなか日本の方でみこしが上がらない、それの最大…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1977/03/16、34期)

通産大臣にお尋ねしますが、去る五日ですか、福島県の原子炉で事故があって、一人死亡したというふうに聞いておりますが、そういう報告を受けていますか、詳細をひとつ聞かしてください。報告は受けておりますが、…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1977/10/26、34期)

長官にお尋ねします。きょうは政府が設定している「原子力の日」ということですが、このときに原子力船事業団法の審議ということになりますと、わが党としては、これはもうすでに法案はないというたてまえをとって…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1977/10/27、34期)

外務省の方、おいでになっておりますね。まず、外務省にちょっとお尋ねしますが、この法律案は核防条約に関連する国内法として期待されておるということははっきりしておりますけれども、特にこの法律に、外務省関…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1977/11/17、34期)

通産省は、一昨日ですか、日本の原子力発電所の稼働率、設備利用率の状況について報告をなさいました。それによると、本年度の稼働率は非常によくない。特に四月から九月までの稼働率よりも十月ははるかに悪くなって…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1977/11/24、34期)

私は、最近、現地の調査というようなことで、三重県とか福井県へ参りまして、いろいろと地域のお話を聞いてまいりましたが、原子力の安全性を確保するためにいろいろと処置がとられて、基本法の改正が行われようとし…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1977/10/13、34期)

総理にお尋ねしますが、いま国際的にも国内的にもちょうど不景気の問題が非常に重要な課題になっておりますし、その情勢は、昭和初年のころの紡績がランカシャーを追いまくっていく、雑貨が世界じゅうにはんらんする…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1978/02/16、34期)

最初に、私は原子炉衛星のことをお聞きしたいと思っておりましたが、外務省が少し遅くなるそうですから、地震の問題でお聞きしたいと思います。去る一月十四日に、伊豆大島の地震が、マグニチュード七という非常に…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1978/03/22、34期)

本日は、参考人の皆さん、大変御苦労さまでございます。地震について予知体制をどういうふうに考えたらいいか、あるいはいまどういうことをしなくてはいけないかということについて私どもはいろいろと参考人の皆さ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1978/03/23、34期)

すでに法案の説明はいただいておるのでございますが、この基本法改正の一番大きなねらいはどういうところにありますか、それを最初にお伺いしたいと思います。その第一点は、現在の原子力委員会を二つに分けまして…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1978/03/29、34期)

きょうは一般質問でございますので、大臣にいろいろなことをお伺いいたしますが、きょうの新聞で中国のスカイラブ計画、科学技術大綱の草案というのが発表されております。中国が科学技術の方で日本より進んでおるか…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1978/04/12、34期)

運輸大臣にお尋ねしますが、原子力基本法の改正を必要とするというその一番の原因になったのが、原子力船「むつ」の事故の問題です。原子力船「むつ」の事故はああいう形で世間を騒がせましたが、あの中から私どもが…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第8号(1978/04/13、34期)

科学技術庁長官にお尋ねしますが、原子力基本法の改正を必要とするという事態を引き起こしたのは原子力船「むつ」の事故からでございます。この際、原子力船「むつ」の問題についてその後どういうふうに政府は対処し…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第9号(1978/04/19、34期)

総理大臣に、原子力基本法の改正に当たって一言御意見を聞いておきたいと思うのです。まず第一の質問は、総理大臣は、原子力基本法に定められた原子力三原則、いわゆる自主、民主、公開の原則、これはもう単なる基…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1978/05/31、34期)

本日は、電力各社の社長さん初め関係者の方々においでいただきまして、本当にありがとうございます。私は、きょうおいでいただいたのは、原子力基本法の改正に伴って、もうすでに衆議院は通過しておりますけれども…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第16号(1978/06/01、34期)

参考人の皆さんには、きょうは本当にお忙しいところをありがとうございます。持ち時間が三十分しかございませんのと、先生方の中で早くに帰られる方もございますので、そういう立場から質問を集中させていただきま…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第17号(1978/06/08、34期)

法案の審議が動力炉核燃料物質の使用済み燃料の再処理ということですので、その点で、現に作業しております動燃団の理事長さんに、きょう実はいろいろ御意見を承りたいと思いましたが、理事長さんおいでになるのに都…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第18号(1978/06/14、34期)

科学技術庁にお尋ねしますが、今月の初めにも鳥取、島根の方で地震がありました。それからまた、今度宮城県沖におけるところの地震かありまして、この問題については余り――きょうは気象庁は午前中おいででしたけれ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第19号(1978/08/10、34期)

大臣にお尋ねしますが、原子力基本法は、私、官報を見ていませんですけれども、いつ公布になりましたか。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第12号(1978/04/21、34期)

気象庁に最初にお尋ねしますが、気象庁は地震予知をなさいますが、そしてそのことによって警戒宣言が出ていくということに段取りがいくわけですけれども、いわゆる地震予知をする限界といいますか、それはどういうと…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1978/02/07、34期)

総理は一月二十四日の本会議で、わが党の北山副委員長の質問に答えて、予算を軸に七%の成長率をぜひとも達成したいし、達成できる、そのための設備投資の伸びを九・九%と考えている、このため、たとえば電力業界は…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1978/02/17、34期)

この際、地震の問題について各関係大臣にお尋ねしますが、地震予知観測体制の一元化という問題についての政府の考え方をまず聞かしていただきます。会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1978/10/18、34期)

大臣にお尋ねしますが、原子力基本法の改正に伴って安全委員会、それから原子力委員会か発足するようになりました。原子力行政全般を見ますと、今日の原子力行政について国民は非常に不信感を持っておるし、それから…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1978/12/22、34期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私がその職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1979/02/22、34期)

総理にお尋ねしますが、近いうち、東京ラウンドの前に総理はアメリカに行ってカーター大総領と会うということも聞いておりますが、いまINFCEで再処理問題がいろいろと論議されておりまして、必ずしも日本の意向…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1979/04/11、34期)

今回の事故に関連いたしまして、最初に原子力安全委員長にひとつお聞きしておきたいのですが、この事故から、いわゆるラスムッセン報告なるものについて委員長はどういうふうにお考えになっておられるか、そのことを…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 34期(1976/12/05〜)  1本提出

質問主意書一覧

関西電力(株)美浜原子力発電所第一号炉燃料棒折損事故に関する質問主意書
第80回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1977/02/16提出、34期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22