石野久男衆議院議員 35期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


衆議院本会議(35期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議

本会議発言統計

  第89回国会(特別:1979/10/30-1979/11/16)  0回発言      0文字発言
  第90回国会(臨時:1979/11/26-1979/12/11)  1回発言    913文字発言
  第91回国会(通常:1979/12/21-1980/05/19)  0回発言      0文字発言

       35期通算   (1979/10/07-1980/06/21)  1回発言    913文字発言

本会議発言一覧

第90回国会 衆議院 本会議 第8号(1979/12/10、35期)

このたび、院議をもって永年勤続議員として表彰の御決議を賜りましたことは、身に余る光栄であり、感謝にたえません。これひとえに、茨城県の皆さんの深い御理解、終始変わらぬ御支援と、先輩、同僚各位の御指導、御協力の賜物であり、ここに衷心よりお礼を申し上げる次第であります。(拍手)顧みますと、私は三重県で一介………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(35期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第89回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  1回発言    157文字発言
 第90回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  1回発言  10931文字発言
 第91回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 18) 13回発言  99010文字発言

  35期通算  39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 22) 15回発言 110098文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  4回発言  30751文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1) 10回発言  74809文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4538文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第89回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第90回国会)
 科学技術振興対策特別委員会理事(第91回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第89回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第1号(1979/11/13、35期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私がその職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1979/12/05、35期)

安全委員会の委員長さんにお聞きいたします。スリーマイルアイランドの原発の事故につきましては、その後いろいろな調査が行われておるようでありまして、五十二項目の注意事項も出されておるようでございますけれ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第3号(1980/02/20、35期)

大臣の所信表明演説で「一九八〇年代が二十一世紀を方向づける重大な使命を有しているという認識で、長期的、総合的観点に立って、科学技術の振興に全力で取り組んでまいる所存である」という決意が述べられました。会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第4号(1980/03/18、35期)

私は、質問を原子力船等についてしたいのですが、その前に、つい最近、筑波学園都市で高エネルギー物理学研究所のストロンチウム90の一ミリキューリーのものが紛失しているという、そういうことがわかったのだそう…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1980/03/26、35期)

槌屋参考人にお尋ねをしますが、先生は、お話の後でエネルギー危機を国民の全部が背負うべきであるということを申されましたが、そういうこととソフト・パスの問題との関連についてもう少しお話してください。こう…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第6号(1980/03/27、35期)

私どもの党は、本法に対しましては意見がありまして、対立の法案を出しておるわけでございますが、この法案の意図するところは、先ほど来同僚議員がいろいろ御質問しておりますように、試験投棄の問題が非常に重要な…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第7号(1980/04/02、35期)

本法の改正に当たって、放射性同位元素の取扱件数というものは非常に多くなっているようでございますが、その実態はいまどのようになっておるか、御説明いただきたいと思います。また、利用形態別に御説明申し上げ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第8号(1980/04/10、35期)

政府は、三月二十八日の決定で「昭和五十五年度原子力開発利用基本計画」というものをお出しになられたようですが、この計画の従来と違っている点、また新たに何か考えることがあるとするならばどういうことなのか、…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第14号(1980/05/08、35期)

私は、実はこの法案の審議、採決を非常に急がれるものと思っておりましたら、諸般の情勢で非常にゆっくりと審議をしてもいいような状況になっておりまするので、できるだけひとつ初歩的なところからの御質問をさせて…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第15号(1980/05/14、35期)

参考人の皆さん御苦労さまです。大変失礼なお願いですけれども、持ち時間が非常に少のうございますので、御答弁の方はなるべく二分間ぐらいでやってくださるようにお願いいたします。最初に、速見参考人にお尋ねい…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1980/02/22、35期)

通産大臣にお尋ねします。大臣は所信演説の中で、「頭脳資源大国へ飛躍することが必要です。」ということをおっしゃられておりますが、この頭脳資源大国へ飛躍することについての構想はどういうことをねらっていらっ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1980/03/28、35期)

大臣は非常に急いでお出かけになるようでございますから大臣にお尋ねしますが、去る二十三日の新聞に「通産省、原子力推進へ“ノロシ”安全性抜きで経済性強調」という大きな見出しが出ているのです。これはいろいろ…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1980/04/09、35期)

大臣にお尋ねしますが、この機構を私はこういうふうに思うのです。第一次石油ショックのある前の日本は、石油のために国内のエネルギー源になるべき物質をみんな排除してしまって、そしてそれによって一定の高度成長…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1980/04/23、35期)

総理にお尋ねしますが、いまの尖閣の問題でございますが、山本委員からもお話しのように、総理の決断の問題でございますし、この問題はちょうど華国鋒主席が来月来られますが、むしろ総理はそういうところで下話でも…会議録へ(外部リンク)

第91回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1980/02/21、35期)

私は、原子力発電所の事故に対する政府の防災計画について質問をいたします。アメリカのTMI事故にかんがみて、原発事故が起きる可能性はきわめて大きいと思います。私は、放射能障害は地震災害以上に広域にわた…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(35期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-)
35期在籍の他の議員はこちら→35期衆議院統計 35期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22