小野寺五典 衆議院議員
41期国会発言一覧

小野寺五典[衆]在籍期 : |41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期
小野寺五典[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは小野寺五典衆議院議員の41期(1996/10/20〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は41期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院41期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
小野寺五典[衆]本会議発言(全期間)
|41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院41期)

小野寺五典[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期
第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 内閣委員会 第9号(1998/05/15、41期、自由民主党)

○小野寺委員 おはようございます。自由民主党の小野寺五典です。本日はよろしくお願いいたします。  まず、今回の情報公開法案ですが、これは行政改革の大きな柱になる非常に大きな問題、意味のあるものだと思っております。行政のむだ、不正が一体どこにあるのか、それを正すこと、あるいは、今日本の行政に求められています行政情報を独占しない、国民が行政を監視していく、こういう大きな意義がある、大きな問題だと思っています。  そこで、きょうはこの問題について、少し細かく質問させていただければと思っております。  まず、今回の情報公開法の特徴でありますが、私率直に感じまして、かなり踏み込んだ、一生懸命つくった内容……

第142回国会 内閣委員会 第10号(1998/05/27、41期、自由民主党)

○小野寺委員 小野寺五典です。きょうは、自由民主党を代表しまして、参考人に質疑をさせていただきます。  日ごろこういう活動に大変御尽力いただきまして、参考人の皆様には大変ありがとうございます。特に塩野先生には、要綱案作成に御尽力いただきまして、感謝しております。また、高橋参考人には、私も仙台市民でありました、日ごろの活動につきまして心頼もしく思っている者の一人であります。また、立花参考人には、以前に経団連の方でのアンケート調査の結果を見させていただきました。公開に対して、日ごろ企業活動の中で非常に積極的な御尽力をいただきまして、大変感謝しております。  そういった中、この情報公開法、一刻も早く……

第142回国会 内閣委員会 第11号(1998/06/04、41期、自由民主党)

○小野寺委員 自由民主党の小野寺五典です。小此木委員に引き続き、情報公開法について質問させていただきます。  まず、今回の委員会審議の中で、特に一番議論が集中したところ、それが目的規定に知る権利を盛り込むかどうかというところだと思っております。そこで、まず初めに、この知る権利を明記することの妥当性について、少し議論をしていきたいと思います。  さきの参考人質疑の中で、塩野参考人から出た御意見でありますが、この知る権利を明記するということは、学説上我が国の憲法が知る権利を保障しているかどうかという問題と、条文の形で憲法上の言葉を書くかどうかということは、全く別の問題であるということが指摘されまし……

第142回国会 農林水産委員会 第13号(1998/04/16、41期、自由民主党)

○小野寺委員 おはようございます。自由民主党の小野寺です。  きょうは、農地法について質問をさせていただきます。  まず、日本の農地でありますが、御存じのとおり、世界的に比較してみましても、非常に農地が小さいということが前から指摘されています。例えば、一人当たりの農地でありますが、日本では一人四アール、これはアメリカと比較しますと四十分の一、アメリカでは百六十二アールであります。また、ドイツは二十一アール。本当に、日本の食糧はこのままで大丈夫なのか、そういうふうな非常に心配な状況にあります。  そういう中で、この農地法というのが、食糧生産の基本であります農地を守る重要な法律として位置づけられて……


■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

第145回国会 農林水産委員会 第4号(1999/03/09、41期、自由民主党)

○小野寺委員 きょうは私の時間は三十分ということでありますので、ポイントを絞って質問をさせていただきます。  今回の米の関税措置への切りかえということでありますが、これは今回のWTOの来年に向けた交渉におきまして、それなりにやはりどっちが得かということを考えた場合に、このまま関税化を受け入れない場合には、特例措置の継続ということで来年には八十五万二千トンのミニマムアクセスを受け入れなきゃいけない、またさらに今後の交渉にとっては大変不利になる、いろいろな理由があると思います。  そういう中で、今地元を歩いておりますと、農家の皆さんが一番心配していること、それはこの関税率。関税化については納得をし……

第145回国会 農林水産委員会 第15号(1999/05/20、41期、自由民主党)

○小野寺委員 自由民主党の小野寺五典です。  きょうは、食料・農業・農村基本法、このことについて質問させていただくことを大変光栄に思っております。まさしく二十一世紀の日本の農業、どうあるべきかということを決める大事な法律だと思います。農家の方の期待も大変高まっている。そういう思いを受けまして、きょうは質問させていただければというふうに思っております。  まず、今回の農業基本法、いろいろな大きな柱があると思うのですが、私はその中の一番大きな柱というのが食料の安定的な供給の確保。食料安全保障の議論もなされておりますが、思い起こせば、日本はたしか一九七〇年代だったと思います、ソビエトの大豆の不作によ……


小野寺五典[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院41期)

小野寺五典[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期
第142回国会(1998/01/12〜1998/06/18)

第142回国会 予算委員会公聴会 第1号(1998/03/11、41期、自由民主党)

○小野寺委員 私は、自由民主党を代表して、三先生に質疑をさせていただきます。  まず初めに、お忙しいところをおいでいただきまして、どうもありがとうございます。  現在、平成十年度の予算の審議をしているところでありますが、先ほどお三方、皆さんの御意見を伺わせていただきまして、まず、その結論の中で、当初予算を一刻も早く通して経済に切れ目がないようにするというような御指摘をいただきました。まことにもってありがたいと思っております。少しでも予算がスムーズに進むように頑張っていきたいというふうに思っております。  さて、まず初めに、先ほど高木先生の方からお話がありましたように、今の日本の経済というのは非……

第142回国会 予算委員会第五分科会 第1号(1998/03/19、41期、自由民主党)

○小野寺分科員 自由民主党の小野寺五典です。本日は遅くまで大変御苦労さまです。  きょうは、特に私も農林水産業を愛する議員として、またそういう地域からお支えをいただいている議員として、まず、この農林水産業を守り、そして将来に明るい見通しを持ちたい、そういう共通の認識で御質問をさせていただきます。  まず初めに、どうしても現在、いろいろ地域の声を聞きますと、農家では昨年来の米の価格の低迷、しばらく続いておりますが、特に専業農家ほど、今の米の価格ではやり切れない、そういう声がたくさん上がっております。ぜひ、その米の生産調整の基本的な考え方をお聞かせ願えればと思うのですが。


■ページ上部へ

第145回国会(1999/01/19〜1999/08/13)

第145回国会 行政改革に関する特別委員会公聴会 第1号(1999/06/07、41期、自由民主党)

○小野寺委員 自由民主党の小野寺五典です。きょうは、地方分権一括法案につきまして、公述人の皆様にいろいろお伺いしたいと思います。  まず、初めまして、きょうはお忙しいところ、大変ありがとうございます。  今までのお話を伺いまして、まず感じますこと、それは、今回の地方分権という流れに関しては、公述人の皆様すべて前に進んでいると、それから、中にはやはり、井下田先生のように、感慨を持ってというような御感想もあると思います。  その中で、ちょっと皆様の論点を整理しますと、まず、西尾勝先生は、今回のこの法案策定に当たりますその前段階の、地方分権推進委員会の委員、そしてまた、その中の行政関係検討グループの……

第145回国会 予算委員会公聴会 第1号(1999/02/09、41期、自由民主党)

○小野寺委員 自由民主党の小野寺五典です。  きょうは、先生方、本当に御苦労さまです。先ほどまでお伺いさせていただきましたが、平成十一年度予算につきまして、本当に御示唆に富むお話をいただきまして、大変感謝しております。  初めに、私なりに少し整理をさせていただきたいと思うんですが、まず、平成十一年度予算案につきましての御意見ですが、現在の本当に厳しい経済環境を踏まえまして、お三方の先生方からは、それぞれ、例えば吉田先生からは、現在の状況、このように民間が厳しい中で、民間サポートとして、ショックアブソーバーになるというような今回の積極予算は評価できるんではないかというような意見をいただいたと思い……

第145回国会 予算委員会第五分科会 第2号(1999/02/18、41期、自由民主党)

○小野寺分科員 中川大臣には、日ごろ、日本の農業、林業そして水産業、食糧の基幹産業に対しまして大変な御尽力をいただき、ありがとうございます。きょうは、その中で特に私が関心を持っております遠洋マグロはえ縄漁業の国際減船の問題についてお伺いをしたいと思います。  御存じのとおり、マグロといいますのは、非常に日本にとっては、食文化といいますか、歴史的に長い伝統を有し、また今でも子供たちにまで大変親しまれている、そういう食糧資源でありますが、そのマグロ、実は公海上で主に漁獲されるというような特性がありまして、日本は長年この漁猟技術を開発してまいりました。  ところが、御案内のとおり、現在、環境保護問題……

第145回国会 予算委員会第四分科会 第2号(1999/02/18、41期、自由民主党)

○小野寺分科員 甘利労働大臣、おはようございます。  日ごろは、近年に増しまして一番労働環境が厳しい中、大変御尽力いただきまして、本当に心からその御活躍には敬意を表する次第でございます。  そういう中、きょう、さらにまた労働環境について、特に雇用問題について少しお伺いしたいと思っております。  御存じのとおり、景気の回復、やや明るさが見えてきたということでありましても、いまだ現在の雇用環境は大変厳しい中にあります。特に、十二月も失業率四・三%ということで、これはもうここ近年では一番高い数字になっております。こういう非常に厳しい状況にあるわけですが、さらに各地域を見ますと、地域によっては、主要産……



小野寺五典[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

小野寺五典[衆]在籍期 : |41期|-43期-44期-45期-46期-47期-48期-49期
小野寺五典[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院議員(五十音順) 41期衆議院議員(選挙区順) 41期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。