船田元 衆議院議員
48期国会発言一覧

船田元[衆]在籍期 : 35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期
船田元[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは船田元衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
船田元[衆]本会議発言(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

 期間中、委員会での発言なし。
船田元[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

船田元[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 憲法審査会 第2号(2017/11/30、48期、自由民主党)

○船田委員 会長、ありがとうございます。  自由民主党の船田元でございます。  調査議員団の皆様には大変お疲れさまでありました。報告書も拝見をいたしましたが、非常に精緻な調査を行っていただき、また私がかつて深く関与しました国民投票制度のあり方について非常に焦点を当てた調査を行っていただきまして、大変敬意を表したいと思っております。  特に、イギリスそれからイタリア、イギリスは昨年六月、イタリアは昨年十二月、いずれも、テーマは異なりますが、国民投票が行われ、その結果によって政権が大きなダメージを受けて、キャメロン首相あるいはレンツィ首相が辞任をする、こういった事態が発生をいたしました。国民投票と……


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 憲法審査会 第3号(2019/11/14、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田委員 自由民主党の船田元でございます。  発言の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。  この臨時国会、始まりまして、きょうで二回目の審査会での実質審議でございます。議論するということはとてもよいことでありまして、憲法審査会は極力政局の影響を受けないようにというのが中山太郎調査会長以来の伝統でもありますし、また理想でもあります。この理想をやはり現実のものとしていくのは我々与野党の責任であると思っておりますので、今後ともよろしくお願いをしたいと思います。  先般の欧州調査団の報告がございましたが、森団長を始め、大変お疲れさまでございました。  若干の感想を三点ほど申し上げたい……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 憲法審査会 第1号(2020/05/28、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田委員 自民党の船田元であります。  まずは、与野党双方の努力によりましてこの審査会が久しぶりに実質審議を再開したということは、大変喜ばしいことと思います。  私は以前から、憲法についての国民の議論、そして結果として意思表示がなされて初めて我が国の民主主義が完成する、こう考えております。したがって、速やかに国民投票法改正案の審議、成立、そして憲法改正の中身の議論を行い、国民に発議することを心から望んでおります。  私は、平成十九年のこの国民投票法の制定に主体的にかかわってまいりました。その後は、投票権年齢、それから国民投票運動のあり方、そして一般的国民投票のあり方など、いわゆる三つの宿題に……


■ページ上部へ

第203回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第203回国会 憲法審査会 第2号(2020/11/19、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田委員 自民党の船田元でございます。  今議題となっております憲法改正国民投票法につきましては、平成十九年の通常国会におきまして採決されました。  今から見ますと、当時は、強行採決をしたというイメージが大変強く残ってしまっているのですが、実は、舞台裏におきましては、自民党では今は亡き保岡興治先生と私、それから公明党では斉藤鉄夫先生、当時の民主党では枝野幸男先生等々と水面下の議論を行いまして、その解決すべき課題の九五%は三党がほぼ合意できていた、こういう事態があったわけであります。  しかし、最終日になりまして、採決の日になりまして、政局に巻き込まれてしまいました。これは大変じくじたる思いが……

第203回国会 憲法審査会 第3号(2020/11/26、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田議員 今、奥野委員から多岐にわたる質問でございました。全てを答えるわけにはなかなかいかないかもしれませんが、私どもとしては、平成十九年の法制定時におきましても、いわゆるCM規制ということにつきましては、これはやはり重大なことであるということで、参考人の質疑も含めて議論をしてきたというわけであります。  当初、民放連の方々が、量的規制ということも含めて何らかの自主ルールをつくりたいという発言をされましたが、その後、最近になりまして、量的な規制は行えない、そういう結論になった。このことは大変残念に思っております。  しかしながら、このCM規制のことにつきましては、我々がもっともっと知恵を出さ……


■ページ上部へ

第204回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第204回国会 憲法審査会 第1号(2021/04/15、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田議員 山尾議員からの御指摘のありました点、まさに、デジタルトランスフォーメーション、非常に早急に進んでいるわけでありまして、現在の法律が出された平成十九年に比べれば、非常にこれは大きな変化があると思っております。  そういう中で、やはり、巨大プラットフォーム、GAFAのようなものでありますが、そういうところが様々なデータ、情報を集めて、そして、その人その人一人一人に適切なというか、物を買うようなときに非常に有効な広告をし、あるいは様々な記事を発することによって、その人が必要でないものも買わせてしまう、そういった事例も出ております。  それが物ならいいですけれども、それが言論とか思想とかそ……

第204回国会 憲法審査会 第2号(2021/04/22、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田議員 ありがとうございます。  今、新藤議員おっしゃるように、私は、平成十九年制定当時の法案提案者等の一人としまして、国民投票法制定、その後の改正にも一貫して関わってまいりました。  その立場から申し上げますと、今御指摘いただきましたように、投票運動については、国民投票は国民主権の直接の発露であるから、できる限り自由にということを基本理念として掲げました。こうした観点から、国民投票運動に関しては、様々な選挙運動規制が設けられている公選法とは異なり、ゼロベースで規制の在り方を議論し、必要最小限の規制に限るということで盛り込んだ次第であります。  一方の投開票の手続といった実務的な外形的部分……

第204回国会 憲法審査会 第3号(2021/05/06、48期、自由民主党・無所属の会)

○船田議員 今、新藤筆頭幹事から御指摘ありましたとおり、これまでの法案審議を通じまして、一つは、投票運動につきましてはできるだけ自由にという基本理念を掲げながら、また一方で、投開票手続に関する事項については公選法並びにする、国民投票法制定当時の制度設計の思想を維持すべきであるということでありまして、これが改めて共通の認識となっていると私は思っております。  したがって、七項目案につきましては速やかに成立された上で、その後の公選法改正で既に措置されている二項目についても、今後アップデートしていく必要があると思っております。  また、CM、ネット規制など、投票運動における投票の質に関わる事項に関し……



船田元[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

船田元[衆]在籍期 : 35期-36期-37期-38期-39期-40期-41期-43期-44期-46期-47期-|48期|-49期
船田元[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。