中曽根康弘衆議院議員 36期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


衆議院本会議(36期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)  0回発言      0文字発言
  第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)  3回発言   9393文字発言
  第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)  4回発言   2663文字発言
  第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)  1回発言   6192文字発言
  第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)  1回発言    809文字発言
  第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)  4回発言  40740文字発言
  第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26) 11回発言  88284文字発言
  第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)  0回発言      0文字発言
 第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)  5回発言  52833文字発言

       36期通算   (1980/06/22-1983/12/17) 29回発言 200914文字発言

本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第5号(1980/10/07、36期)

行政改革は現在の政治の最重要課題の一つであると心得まして、鈴木総理大臣御指導のもとに、内閣一体になって大いに真剣に努力するつもりでおります。当面は、いわゆる昭和五十五年行革と言われるもののやり残しを完成することでございまして、八つの重大法案がまだ残っております。ブロック機関の整理とかあるいは公社、公………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第12号(1980/11/06、36期)

臨時行政調査会設置法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年、わが国内外の社会経済情勢は大きく変化し、わが国は、今後、エネルギー・資源の制約、財政赤字の累積等の多くの困難を克服しつつ、経済の発展と社会の成熟化の進展、先進国家としての国際的役割りの増大等に伴う新たな課題に対応していくことが要………会議録へ(外部リンク)

第93回国会 衆議院 本会議 第13号(1980/11/07、36期)

春田議員の第一問は、第二臨調の位置づけいかんということでございました。いわゆる第一次臨調は、高度経済成長期に当たりまして、行政の効率を中心に答申がなされたと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第7号(1981/02/19、36期)

税務職員の御苦労に対しましては、われわれもよく理解もし、配慮もしてあげなければならないと思っております。政府といたしましては、ただいま総定員法のもとに第五次定員削減計画を実施中でございまして、昨年から始めて、五年間に三万七千六百五人の定員を減らすということを、いま進行さしておる最中でございます。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第12号(1981/03/24、36期)

電電公社の経営は、関係者の努力によりましてかなり良好、順調でありまして、この点につきましては、関係者の努力を大いに評価するものでございます。しかし、この背景には、国家の独占企業で競争者がいないということ、それから、五十一年に料金を決めましたけれども、結果的に、やや余裕を持った料金となった、こういうよ………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第14号(1981/03/27、36期)

建設省におきまする審議会の答申につきましては、できるだけ尊重さるべきものと心得ております。住宅基本法制定に関する審議会の答申につきましては、いま御答弁がありましたように、建設省におきまして関係各省庁の意見を調整している最中でございまして、この推移を見守ってまいりたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第27号(1981/05/22、36期)

私が訪米いたしました際に報告書のようなものをつくったと言われますが、そういう事実はございません。防衛庁長官が報告書をつくるということはないのです。出すとすれば総理でしょうけれども、総理に対しても、そういうものをつくった例はございません。ただ、当時私に随行した者が、部内の資料として私の行動をメモしたそ………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/10/06、36期)

行政改革を推進するため当面講ずべき措置の一環としての国の補助金等の縮減その他の臨時の特例措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。先般、政府は、行政の合理化、効率化を推進するとともに、財政再建に関する緊急な課題に対処する等のため、去る七月十日に行われた臨時行政調査会の行政改革に関………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/01/28、36期)

臨調の七月答申が今度の予算編成でどの程度実施されたかというのが第一の御質問でございますが、かなりの程度実現したと考えております。ただ、大部分の臨調委員から、たとえば給与の抑制、公務員や政府関係要員の給与の抑制が不徹底であった、こういう御批判をいただいております。しかし、今回の答申は当面の緊急措置でご………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第3号(1982/12/03、36期)

このたび、私は、内閣総理大臣に任命されました。決意を新たにし、国民の皆様の御信頼と御期待にこたえてまいります。いまや世界情勢は、問題山積の中に、いよいよ厳しい様相を呈し、さらに、内政もまた重大な転換期を迎えております。私は、この風雪を突破して、日本に新たな黎明をもたらすよう全力を尽くします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/12/08、36期)

飛鳥田議員にお答えいたします。まず、清潔、公正な政治を確立せよという御質問でございますが、まことに同感でございます。やはり民主主義は国民の信頼の上に初めて確立されると思います。そういう意味におきまして、政治家一人一人あるいは政党、政治団体、すべてが国民の意を体して、見本になるようなりっぱな清潔な行動………会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第5号(1982/12/09、36期)

竹入議員にお答え申し上げます。まず、先般の自民党の総裁公選等によりまして政治の空白が起きましたことにつきましては、遺憾の意を表する次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第97回国会 衆議院 本会議 第6号(1982/12/14、36期)

伊藤議員の御質問にお答えいたします。まず、歳入欠陥に対する責任論でございますが、本年度におきまして六兆一千億円に及ぶ租税収入の欠陥を生じましたことは、はなはだ遺憾でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第2号(1983/01/24、36期)

第九十八回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して私の施政の方針を明らかにし、国民の皆様方の御理解と御協力を得たいと思います。近年、世界は、東西の軍事的対立や南北問題という現代の構造的問題に加え、先進国、開発途上国、自由圏、共産圏を問わず、未曽有の経済的社会的困難に直面しており、失業と生活の不安………会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/01/27、36期)

飛烏田委員長にお答えをいたします。まず、昨日のロッキード裁判における所見でございますが、政治家の一人といたしまして、厳粛な気持ちでこれを受けとめており、冷静にこの推移を見守っていきたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第4号(1983/01/28、36期)

竹入委員長の御質問にお答え申し上げます。まず、政治倫理の問題でございましたが、先般の論告求刑につきましては、厳粛な気持ちで受けとめております。今後、裁判の行方を冷静に見守ってまいりたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第7号(1983/02/18、36期)

上田議員の御質問にお答えいたします。まず第一は、不公平税制への不満の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第8号(1983/02/22、36期)

加藤議員の御質問にお答えをいたします。最初の御質問は、五十七兆に及ぶこの大きな借金財政をいかにするかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第9号(1983/03/03、36期)

野口議員の御質問にお答えをいたします。まず、赤字公債脱却の時期いかんという御質問でございました。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第12号(1983/03/18、36期)

渡部議員にお答えいたします。まず、運命共同体でありますが、日本とアメリ会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第13号(1983/03/22、36期)

近岡議員の御質問にお答えをいたします。まず第一は、国鉄の長期債務、青函トンネルあるいは本四架橋のような膨大な負担について、どのように対応するかという御質問でございます。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第16号(1983/04/15、36期)

矢山議員の御質問にお答えをいたします。まず、行革に取り組む基本姿勢について御質問がありました。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第17号(1983/04/19、36期)

山花議員の御質問にお答えをいたします。まず、第二臨調答申を白紙に戻せ、そういう御質問でございますが、白紙に戻す考えはございません。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第21号(1983/05/12、36期)

小川議員の御質問にお答えをいたします。まず、その前に、私のASEAN訪問につきまして御懇篤なお言葉をいただきまして、謹んで感謝申し上げる次第であります。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第3号(1983/09/10、36期)

第百回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を仰ぎたいと存じます。去る九月一日早朝、大韓航空機がサハリン西南端の海上で行方不明になるという事件があり、諸般の情報を分析した結果、当該航空機は驚くべきことに、ソ連軍用機のミサイルにより撃墜されたことが確認されております。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第4号(1983/09/12、36期)

田辺議員にお答えをいたします。多様な御質問をいただきましたので、一つ一つお答え申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第5号(1983/09/13、36期)

浅井議員にお答えを申し上げます。質問は多岐にわたりましたので、要点を簡潔に申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第6号(1983/09/20、36期)

嶋崎議員の御質問にお答えをいたします。まず第一は、安保、防衛、そのほかの政策問題について臨調がこれを検討することは越権ではないかという御質問でございますが、この臨時行政調査会設置法におきましても、行政の制度並びに運営、この問題につきまして総合的に検討するように、臨時行政調査会は使命づけられ、また、そ………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第7号(1983/10/04、36期)

佐藤議員にお答えをいたします。まず、政治資金規正法の問題でございますが、確かに、時代の変化に相応いたしまして、政治資金規正法は絶えず検討を加えていく必要があると思っております。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(36期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(36期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院統計 36期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22