中曽根康弘衆議院議員 38期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


衆議院本会議(38期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

 第106回国会(特別:1986/07/22-1986/07/25)  0回発言      0文字発言
 第107回国会(臨時:1986/09/11-1986/12/20)  9回発言  68389文字発言
 第108回国会(通常:1986/12/29-1987/05/27)  6回発言  70931文字発言
 第109回国会(臨時:1987/07/06-1987/09/19) 11回発言  91022文字発言
 第110回国会(臨時:1987/11/06-1987/11/11)  0回発言      0文字発言
 第111回国会(臨時:1987/11/27-1987/12/12)  0回発言      0文字発言
 第112回国会(通常:1987/12/28-1988/05/25)  0回発言      0文字発言
 第113回国会(臨時:1988/07/19-1988/12/28)  0回発言      0文字発言
 第114回国会(通常:1988/12/30-1989/06/22)  0回発言      0文字発言
 第115回国会(臨時:1989/08/07-1989/08/12)  0回発言      0文字発言
 第116回国会(臨時:1989/09/28-1989/12/16)  0回発言      0文字発言
 第117回国会(通常:1989/12/25-1990/01/24)  0回発言      0文字発言

       38期通算   (1986/07/06-1990/02/17) 26回発言 230342文字発言

本会議発言一覧

第107回国会 衆議院 本会議 第2号(1986/09/12、38期)

第百七回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様方の御理解と御協力を得たいと存じます。さきの国政選挙後の第百六回国会において、私は、三たび内閣総理大臣に指名されました。ここに、心を新たにして誠心誠意国政の遂行に当たる決意であります。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第3号(1986/09/16、38期)

土井議員にお答えをいたします。まず、委員長御就任おめでとうございました。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/09/17、38期)

塚本議員にお答えをいたします。まず、靖国神社の問題でございますが、靖国神社は戦没者追悼の中心施設でありまして、この中心施設に対して、我々は今まで国民的な敬意、尊崇の念を持ってまいってきたわけでございます。私は、このような考えから、平和を祈念し、また戦没者を追悼する、そういう考えに立ちまして、昨年は憲………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第5号(1986/09/25、38期)

戸田議員にお答えいたします。まず、私の自民党研修会の講演でございますが、私は、先行した部分で、米国はアポロ計画等で実力を十分示していると一方指摘しております。それと同時に、アメリカは多人種の複合国家で、その強みもあるけれども、教育等については必ずしも容易ではない、十分手の届かないところもある、日本は………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/10/17、38期)

中沢議員にお答えをいたします。まず、老人保健法の趣旨に対する認識でございます。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第7号(1986/10/21、38期)

野坂議員にお答えをいたします。まず、米ソの核廃絶への努力でございますが、私は、レーガン大統領並びにゴルバチョフ書記長の核廃絶への努力に対して非常に評価をし、敬意を表し、かつ実りあるものになるように我々も協力してまいりたいと思っております。レイキャビクにおける会合は、決裂とおっしゃいましたけれども、私………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/10/23、38期)

田口議員にお答えをいたします。まず、再編成の目的いかんということでございます。今回の再編成は、国立病院・療養所が国立医療機関にふさわしい役割を果たせるよう質的機能強化を図るためのものであります。離島、僻地等の医療の確保については国としても十分配慮すべきであり、地方自治体等と一緒になって努力してまいり………会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第10号(1986/10/30、38期)

石橋議員にお答えをいたします。まず、小さな政府と軍事費の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第11号(1986/10/31、38期)

川崎議員の御質問にお答えをいたします。まず円高の問題でございますが、昨年九月のG5以降ドル高是正が進展をいたしまして、これが一面においては米国内の保護主義の動きを鎮静させる役割を果たしております。が、一面におきましては、為替相場の動きが余りにもちょっと急激でありました。そういう意味におきまして、いわ………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/01/26、38期)

第百八回通常国会の再開に当たり、内外の情勢を展望して施政の方針を明らかにし、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。(拍手)まず、昨年十一月末の三原山の噴火により、一時離島を余儀なくされた伊豆大島の方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。幸い、噴火活動も小康を得、島民の皆様はお正月を大島で迎………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第4号(1987/02/02、38期)

私が一月二十六日の施政方針演説において述べました間接税制度の改正は売上税の創設を含めたものであります。(拍手)国務大臣の演説に対する質疑会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第5号(1987/02/03、38期)

塚本議員にお答えをいたします。まず、高松宮宣仁親王殿下の御薨去に対しまして、謹んでお悔やみ申し上げる次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/02/26、38期)

中島議員にお答えいたします。まず、六十二年度予算の問題でございますが、六十二年度予算の執行に当たりまして大事なことは、内需の振興、それから為替の安定、それから雇用対策であると考えております。内需の振興につきましては、公共事業費について五・二%の伸びを確保いたしましたほか、住宅対策あるいはさらに雇用対………会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第16号(1987/05/14、38期)

早川議員にお答えをいたします。まず第一は、今日までの経済政策の認識の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第108回国会 衆議院 本会議 第18号(1987/05/19、38期)

沢藤議員にお答えをいたします。まず、法改正の必要性でございますが、今回の改正は、現在の大気汚染の状況やその健康への影響についての論議を踏まえまして慎重に御審議をしていただいていた中央公害対策審議会答申に基づき、公害健康被害補償制度をより公正で合理的なものにするために行っているものでございます。最近の………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第1号(1987/07/06、38期)

第百九回国会の開会に臨み、所信の一端を申し述べ、国民の皆様の御理解と御協力を得たいと思います。私は、六月八日から十日までベネチアで開催されたサミット、主要国首脳会議に参加し、世界が当面する諸問題について各国首脳と率直な意見交換を行ってまいりました。東西関係が重要な局面を迎え、世界経済が大きな困難に直………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第2号(1987/07/08、38期)

岡田議員にお答えを申し上げます。まず、売上税関係法案が廃案になりましたことでございますが、まことに遺憾であります。国民の皆様に十分御理解を得られなかったことはまことに残念であると申し上げたとおりであります。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第3号(1987/07/09、38期)

永末議員にお答えをいたします。まず、会期九十日の御要請についてでございますが、今回の臨時国会は、補正予算あるいは減税、税制改革問題、地方財政の取り扱い、そのほか重要案件が山積しておりまして、そういう意味におきまして九十日を最初お願いをしたわけでございます。六十五日となりましたが、しかし、最善を尽くし………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第4号(1987/07/16、38期)

河野議員にお答えをいたします。まず、精神障害者福祉法についてでございますが、人権の尊重等精神障害者の福祉については、社会復帰対策が極めて重要なものであるとの認識に立って、従来より医療との連携のもとにその促進に努めてきたところでございます。今回の精神衛生法改正においては、精神障害者社会復帰施設を新たに………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第7号(1987/07/28、38期)

沢田議員にお答えをいたします。まず、電電公社の株式売却に当たりまして、このようないい成果を与えてくれました旧電電の役職員の皆様方の御苦労に心から敬意を表するものであります。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第8号(1987/07/30、38期)

船田議員にお答えをいたします。まず、米ソ軍縮交渉の基本的認識の問題でございますが、最近の情報によりますと、米ソ間で行われておる軍備管理交渉におきまして、米ソ間で初めて現存の核兵器を大幅に削減する結果をもたらす協定をつくろうとする動きが顕著に見えまして、特にINFの問題について明るさが出てきたことはま………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第9号(1987/08/18、38期)

笹川議員にお答えをいたします。まず、税制改革の基本的考え方でございますが、戦後四十年間にわたる社会経済情勢の著しい変化等に即応して、税制全般にわたり根本的な見直しを行うことによって、二十一世紀を展望した新しい税の体系を確立するという考えで、このことはぜひともなし遂げなければならないことであると考えて………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第10号(1987/08/20、38期)

与謝野議員にお答えをいたします。今回の東芝機械の不正輸出事件は、我が国を含む西側自由主義陣営全体の安全保障に重大な問題を投げかけており、かつまた、我が国みずからの安全保障についても大きな背信行為をしていると考えており、まことに遺憾な事件でございます。会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第11号(1987/08/21、38期)

永井議員の御質問にお答えをいたします。まず円相場の問題でございますが、我が国の経済の現況を見ますと、輸出がこのところやや減少ぎみではあるものの、国内需要は引き続き増加しておりまして、景気は回復局面にあるとはっきり言える段階になりました。今朝の月例経済報告におきましても景気回復という言葉が使われておる………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第14号(1987/08/28、38期)

山下議員にお答えをいたします。まず、地方自治発展のための政府の努力に関する部分でございますが、地方自治は民主政治の基盤であり、内政のかなめであるとかねてから確信し、そのように努力してきたところであります。この観点から、国の関与、必置規制、機関委任事務の整理合理化法の制定あるいは行政事務等によりまして………会議録へ(外部リンク)

第109回国会 衆議院 本会議 第18号(1987/09/10、38期)

ただいまの御決議に対しまして、所信を申し述べます。政府といたしましては、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に外しまして、今後とも、日中共同声明及び日中平和友好条約の諸原則及び精神に基づき、日中友好関係の維持発展に最大限の努力を払ってまいる所存であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(38期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第111回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第112回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  38期通算   3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(38期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
38期在籍の他の議員はこちら→38期衆議院統計 38期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22