国会議員白書トップ衆議院議員楠美省吾>選挙結果(全期間)

楠美省吾 衆議院議員
「選挙結果」(全期間)

楠美省吾[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは、楠美省吾衆議院議員の衆院選の立候補歴をまとめています。出馬した選挙回、選挙区、都道府県、選挙制度、公認政党、当落、順位、得票率、復活当選や繰り上げの有無や期日などが記録されています。各選挙区・制度の結果から、同じ選挙区や名簿で当選した議員のページに飛ぶこともできます。


選挙履歴(衆議院)

1952年
10月
1日
第25回衆議院議員総選挙
青森2区
改進党
落選
1953年
4月
19日
第26回衆議院議員総選挙
青森2区
改進党
当選
(2回目)
1955年
2月
27日
第27回衆議院議員総選挙
青森2区
日本民主党
当選
(3回目)
1958年
5月
22日
第28回衆議院議員総選挙
青森2区
自由民主党
落選
1960年
11月
20日
第29回衆議院議員総選挙
青森2区
自由民主党
落選
1963年
11月
21日
第30回衆議院議員総選挙
青森2区
自由民主党
落選
1967年
1月
29日
第31回衆議院議員総選挙
青森2区
自由民主党
落選
1969年
12月
27日
第32回衆議院議員総選挙
青森2区
無所属
落選
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。



選挙結果(衆議院)

※%の数字は中選挙区、小選挙区では相対得票率、比例区では惜敗率を示します。

第25回衆議院議員総選挙(1952/10/01)
青森2区(中選挙区)
1位
自由党
16.8%
2位
改進党
15.5%
3位
自由党
13.7%
4位
楠美省吾
改進党
13.3%
5位
自由党
10.6%
6位
自由党
10.2%
7位
協同党
7.8%
8位
清藤志郎
無所属
5.0%
9位
大沢喜代一
日本共産党
3.6%
10位
岩淵謙二郎
左派社会党
3.4%
第26回衆議院議員総選挙(1953/04/19)
青森2区(中選挙区)
1位
楠美省吾
改進党
21.1%
2位
吉田自由党
19.9%
3位
吉田自由党
18.2%
4位
改進党
17.0%
5位
右派社会党
11.3%
6位
清藤志郎
鳩山自由党
5.7%
7位
鈴木清四郎
無所属
3.8%
8位
柴田久次郎
日本共産党
2.6%
9位
中川功
鳩山自由党
0.3%
第27回衆議院議員総選挙(1955/02/27)
青森2区(中選挙区)
1位
日本民主党
19.1%
2位
楠美省吾
日本民主党
17.4%
3位
日本民主党
16.6%
4位
自由党
16.2%
5位
福士文知
日本医師連盟
12.1%
6位
右派社会党
11.7%
7位
大沢久明
日本共産党
3.5%
8位
工藤浩
自由党
3.4%
第28回衆議院議員総選挙(1958/05/22)
青森2区(中選挙区)
1位
自由民主党
23.6%
2位
自由民主党
19.9%
3位
日本社会党
18.8%
4位
楠美省吾
自由民主党
18.1%
5位
自由民主党
17.3%
6位
大沢久明
日本共産党
2.3%
第29回衆議院議員総選挙(1960/11/20)
青森2区(中選挙区)
1位
自由民主党
21.9%
2位
自由民主党
20.0%
3位
自由民主党
19.7%
4位
楠美省吾
自由民主党
18.4%
5位
日本社会党
16.3%
6位
民主社会党
2.6%
7位
岸谷俊雄
日本共産党
1.1%
第30回衆議院議員総選挙(1963/11/21)
青森2区(中選挙区)
1位
無所属
21.3%
2位
日本社会党
19.7%
3位
自由民主党
19.3%
4位
楠美省吾
自由民主党
18.0%
5位
自由民主党
12.6%
6位
佐藤誠治
無所属
4.6%
7位
松山治郎
無所属
2.5%
8位
西谷末七
日本共産党
2.0%
第31回衆議院議員総選挙(1967/01/29)
青森2区(中選挙区)
1位
自由民主党
27.0%
2位
自由民主党
23.9%
3位
日本社会党
17.7%
4位
楠美省吾
自由民主党
15.2%
5位
花田一
無所属
10.6%
6位
松山治郎
無所属
2.9%
7位
西谷末七
日本共産党
2.7%
第32回衆議院議員総選挙(1969/12/27)
青森2区(中選挙区)
1位
自由民主党
24.0%
2位
日本共産党
18.9%
3位
自由民主党
18.0%
4位
森田稔夫
自由民主党
10.0%
5位
東海正次郎
日本社会党
9.3%
6位
花田一
無所属
8.6%
7位
無所属
6.1%
8位
楠美省吾
無所属
5.0%
9位
野呂峰五郎
立憲養正会
0.1%

データ更新日:2021/10/14

楠美省吾[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊