小泉純一郎 衆議院議員
在職中の活動実績

小泉純一郎[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

小泉純一郎衆議院議員の在職時の活動を整理しています。各情報へは下記リンクから飛べます。

■基本情報 ■選挙履歴 ■本会議 ■委員会 ■質問主意書 ■会派履歴 ■議会・政府役職

基本情報

名前
小泉純一郎
よみ
こいずみじゅんいちろう
name
KOIZUMI Junichiro

選挙履歴(衆議院)

1969年
12月
27日
第32回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
落選
1972年
12月
10日
第33回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(1回目)
1976年
12月
5日
第34回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(2回目)
1979年
10月
7日
第35回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(3回目)
1980年
6月
22日
第36回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(4回目)
1983年
12月
18日
第37回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(5回目)
1986年
7月
6日
第38回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(6回目)
1990年
2月
18日
第39回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(7回目)
1993年
7月
18日
第40回衆議院議員総選挙
神奈川2区
自由民主党
当選
(8回目)
1996年
10月
20日
第41回衆議院議員総選挙
神奈川11区
自由民主党
当選
(9回目)
2000年
6月
25日
第42回衆議院議員総選挙
神奈川11区
自由民主党
当選
(10回目)
2003年
11月
9日
第43回衆議院議員総選挙
神奈川11区
自由民主党
当選
(11回目)
2005年
9月
11日
第44回衆議院議員総選挙
神奈川11区
自由民主党
当選
(12回目)
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

順位や得票率などの詳細な選挙結果をこちらで確認できます→小泉純一郎[衆]選挙結果

本会議(衆議院)

本会議発言統計

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



1回
2765文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

10回
6994文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
323文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
1回
323文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

15回
40231文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
15回
40231文字

42回
463932文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
42回
463932文字

26回
228324文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
26回
228324文字

10回
101998文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
10回
101998文字



衆議院在籍時通算
105回
844567文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
94回
834808文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

38期
厚生大臣政府、第114回国会)

41期
厚生大臣政府、第139回国会)

42期
内閣総理大臣政府、第151回国会)

43期
内閣総理大臣政府、第159回国会)

44期
内閣総理大臣政府、第163回国会)

※国会会期は各選挙期中で最初にその役職での発言が記録された会期を示しています。


実際の発言内容(冒頭部分)をこちらで確認できます→小泉純一郎[衆]本会議発言

委員会(衆議院)

在籍期別委員会出席・発言数

在籍期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


180回
(13回)
10回
(0回
0回)
44717文字
(0文字
0文字)

117回
(111回)
22回
(18回
0回)
9897文字
(2543文字
0文字)

0回
(0回)
5回
(0回
5回)
9969文字
(0文字
9969文字)

125回
(98回)
5回
(1回
0回)
13223文字
(35文字
0文字)

93回
(61回)
26回
(24回
0回)
31036文字
(20686文字
0文字)

55回
(6回)
14回
(0回
14回)
33050文字
(0文字
33050文字)

26回
(0回)
18回
(0回
17回)
107002文字
(0文字
92925文字)

28回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

24回
(0回)
113回
(0回
113回)
457063文字
(0文字
457063文字)

2回
(2回)
58回
(0回
58回)
728396文字
(0文字
728396文字)

0回
(0回)
46回
(0回
46回)
535684文字
(0文字
535684文字)

1回
(0回)
18回
(0回
18回)
209452文字
(0文字
209452文字)


衆議院在籍時通算
651回
(291回)
335回
(43回
271回)
2179489文字
(23264文字
2066539文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

大蔵委員会(第104回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


委員会ごとの統計など詳細な統計をこちらで確認できます→小泉純一郎[衆]委員会統計
実際の発言内容(冒頭部分)をこちらで確認できます→小泉純一郎[衆]委員会発言一覧

質問主意書(衆議院)


質問主意書の内容や政府の答弁書(冒頭部分)をこちらで確認できます→小泉純一郎[衆]質問主意書


会派履歴(衆議院 ※参考情報)

自由民主党 (初出日付:1973/04/06、会議録より)
自由民主党・自由国民会議 (初出日付:1979/11/16、会議録より)
自由民主党 (初出日付:1980/10/29、会議録より)
自由民主党・新自由国民連合 (初出日付:1985/03/08、会議録より)
自由民主党 (初出日付:1989/02/16、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院 ※参考情報)

34期
大蔵委員長代理議会、第80回国会)
大蔵委員会税制及び税の執行に関する小委員長議会、第87回国会)

35期
大蔵政務次官政府、第91回国会)

36期
大蔵委員長代理議会、第94回国会)
大蔵委員会財政制度に関する小委員長議会、第94回国会)

37期
予算委員会第二分科会主査代理議会、第102回国会)
公職選挙法改正に関する調査特別委員長代理議会、第103回国会)
大蔵委員長議会、第104回国会)

38期
厚生大臣政府、第114回国会)

39期
郵政大臣政府、第125回国会)

41期
厚生大臣政府、第138回国会)

42期
内閣総理大臣政府、第151回国会)

43期
内閣総理大臣政府、第158回国会)

44期
内閣総理大臣政府、第163回国会)

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。


データ更新日:2020/10/21

小泉純一郎[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書


■著書
2020年10月新刊