国会議員白書トップ衆議院議員矢島恒夫>選挙結果(全期間)

矢島恒夫 衆議院議員
「選挙区と選挙結果」(全期間)

矢島恒夫[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは、矢島恒夫衆議院議員の衆院選の立候補歴をまとめています。出馬した選挙回、選挙区、都道府県、選挙制度、公認政党、当落、順位、得票率、復活当選や繰り上げの有無や期日などが記録されています。各選挙区・制度の結果から、同じ選挙区や名簿で当選した議員のページに飛ぶこともできます。


選挙履歴(衆議院)

1979年
10月
7日
第35回衆議院議員総選挙
埼玉2区
日本共産党
落選
1983年
12月
18日
第37回衆議院議員総選挙
埼玉2区
日本共産党
落選
1986年
7月
6日
第38回衆議院議員総選挙
埼玉2区
日本共産党
当選
(1回目)
1990年
2月
18日
第39回衆議院議員総選挙
埼玉2区
日本共産党
落選
1993年
7月
18日
第40回衆議院議員総選挙
埼玉2区
日本共産党
当選
(2回目)
1996年
10月
20日
第41回衆議院議員総選挙
北関東ブロック
日本共産党
当選
(3回目) ※埼玉7区落選
2000年
6月
25日
第42回衆議院議員総選挙
北関東ブロック
日本共産党
当選
(4回目) ※埼玉7区落選
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。



選挙結果(衆議院)

※%の数字は中選挙区、小選挙区では相対得票率、比例区では惜敗率を示します。

第35回衆議院議員総選挙(1979/10/07)
埼玉2区(中選挙区)
1位
新自由クラブ
30.9%
2位
自由民主党
22.7%
3位
公明党
18.4%
4位
日本社会党
15.5%
5位
矢島恒夫
日本共産党
12.5%
第37回衆議院議員総選挙(1983/12/18)
埼玉2区(中選挙区)
1位
新自由クラブ
30.7%
2位
自由民主党
21.7%
3位
公明党
20.6%
4位
日本社会党
14.1%
5位
矢島恒夫
日本共産党
12.9%
第38回衆議院議員総選挙(1986/07/06)
埼玉2区(中選挙区)
1位
新自由クラブ
28.7%
2位
自由民主党
19.5%
3位
公明党
16.8%
4位
矢島恒夫
日本共産党
13.7%
5位
日本社会党
13.2%
6位
石井健祐
自由民主党
6.0%
7位
黛敬子
無所属
1.9%
8位
浅沼秀豊
無所属
0.2%
第39回衆議院議員総選挙(1990/02/18)
埼玉2区(中選挙区)
1位
日本社会党
26.6%
2位
自由民主党
25.0%
3位
自由民主党
16.5%
4位
公明党
14.0%
5位
矢島恒夫
日本共産党
12.7%
6位
石井健祐
無所属
5.0%
7位
高橋洋一
地球維新党
0.2%
8位
杉浦茂
真理党
0.1%
第40回衆議院議員総選挙(1993/07/18)
埼玉2区(中選挙区)
1位
無所属
20.0%
2位
日本新党
19.9%
3位
公明党
14.0%
4位
矢島恒夫
日本共産党
13.3%
5位
自由民主党
12.9%
6位
日本社会党
10.7%
7位
浜田マキ子
自由民主党
5.6%
8位
石井健祐
無所属
3.7%
第41回衆議院議員総選挙(1996/10/20)
埼玉7区(小選挙区)
1位
新進党
39.0%
2位
小宮山徹
自由民主党
23.3%
3位
矢島恒夫
日本共産党
20.9%
4位
伊藤雄一郎
民主党
11.8%
5位
佐藤時弘
社会民主党
4.4%
6位
根岸進
自由連合
0.6%
比例代表 北関東ブロック 日本共産党 名簿順位
1位
日本共産党
-
2位
矢島恒夫
日本共産党
53.7%
3位
高村まさ子
日本共産党
54.9%
4位
小島修
日本共産党
12.0%
5位
有馬良一
日本共産党
-
第42回衆議院議員総選挙(2000/06/25)
埼玉7区(小選挙区)
1位
自由民主党
34.5%
2位
無所属
24.1%
3位
田川秀明
民主党
17.7%
4位
矢島恒夫
日本共産党
16.8%
5位
高橋勇
社会民主党
6.9%
比例代表 北関東ブロック 日本共産党 名簿順位
1位
矢島恒夫
日本共産党
48.7%
2位
日本共産党
65.1%
3位
増子典男
日本共産党
-
4位
野村節子
日本共産党
9.7%
5位
高村雅子
日本共産党
50.0%
6位
有馬良一
日本共産党
-
7位
佐藤正剛
日本共産党
-

データ更新日:2022/02/23

矢島恒夫[衆]活動記録 : トップ | 選挙結果 | 本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。